2017年01月29日

答えを出さない理想主義

トランプ米大統領が公約の一つであるメキシコ国境沿いに壁を作る大統領令に署名した。これに関してあのドイツ・ベルリン市長が何やら上から目線で「諭して」いるらしい(読売電子版)

ベルリンのミヒャエル・ミュラー市長(52)は27日、トランプ米大統領に対し、「孤立と排斥という誤った道」に進まないように警告し、メキシコ国境沿いに壁を建設する計画の撤回を強く求めた
>独DPA通信などが伝えた
>ベルリンは東西冷戦時代に「ベルリンの壁」で街が分断された経験がある。ミュラー氏は「ベルリンに住む人々は、有刺鉄線とコンクリートの壁による分断が引き起こす苦しみを最もよく知っている」と指摘した
>1987年に当時のレーガン米大統領がベルリンで行った演説でソ連側に「この壁を壊しなさい」と迫ったエピソードにも言及し、「大統領、この壁を造るのをやめなさい」と諭した
以下略


俺がトランプ氏だったら次の二言で済ます。

「何様のつもりだ。外野は黙ってろ」

そもそも同じドイツ人が冷戦のさなかに分断されてできた壁と、今回のように大量の不法移民による貧困層の増大や治安の悪化から米国民を守るための壁とでは、その存在理由がまるで違う。ベルリン市長には「糞と味噌を一緒にする愚論」だと申し上げたい。

その前に、テロリストなどの不法入国者や経済難民等の峻別もできずに、安っぽい人道主義の理想のもと、「寛容」という名の緩々な難民・移民政策をとってきた結果、労働市場は荒れて貧困層が増大、移民階層の貧困が世代継承によって固定化し、鬱屈した感情が治安の悪化をもたらした現実をどう捉えるのか問いたい。

政治が自国民の生命、財産、人権を守るための回答を出すことができなければ、国民感情は排外主義に傾き、移民・難民に不寛容になることは当然であり、外部の者が快不快を口にするのは勝手だがこれを止めさせる権利はない。

ベルリン市長はこの当然の理を弁えて、まずは自国の自ら統治する首都の安寧のため、移民・難民政策において具体的に何をしているのか、またするのかを語るべきである。他国の批判はその後ですればいい。
posted by 三四郎 at 13:08| 千葉 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>>テロリストなどの不法入国者や経済難民等の峻別もできずに、安っぽい人道主義の理想のもと、「寛容」という名の緩々な難民・移民政策をとってきた結果、労働市場は荒れて貧困層が増大、移民階層の貧困が世代継承によって固定化し、鬱屈した感情が治安の悪化をもたらした現実をどう捉えるのか
所謂、EUが抱えるグローバリズムの矛盾点ですね。 ベルリン市長は自国にあった「政治的な理由に拠る壁」とは、全く異なる原因で造られようとしている他国間の壁に対して、何か言及しようとしても、同じ壁でも意味は全く違うのだと言う事も認識できないのでは、世界中から嗤いものにされるだけだろう。 こう言う格好だけで、自己陶酔に陥る輩が多く。それを支持する恵まれた人々がいるから、社会では、単純労働しか働く機会がなく、低収入・高倍率の仕事を移民と争わなくてはならないドロップアウトし懸って居る層が、反発するのでしょう。

 特にこのベルリン市長などは、自分の職責や立ち位置すらはっきり見えて居ない様に思える。首長クラスとはいえ、ドイツの首都の市長である。 現実に起こって居る事件、潜在して居る事件で、行政がカバーできなかった事を原因としたと思われる面に対し、真剣な気持ちで臨めば、そうそう理想的な話では済まない事は、既に認識して居なければならないだろう。 この雰囲気が、EU内でも続いて居るのかもしれない、所謂、ドイツ人の自惚れである。イギリス人の感情的なブリクジットの原因の一つかもしれない。

 唯、就任以来、是までに出した18にも及ぶ大統領令だが、このトランプの性急なやり方に、どれだけの国民がついてゆけるのかが、是からの米国の観ものだろう。 

 就任早々、大統領から情報入手特権を剥奪されたマスメディアは、早速、情報を歪める形で発信して、テロリズム対策を人種差別に丸々置き換えて、そのイメージを世界的に貶める行為を散々にやって居る。

 トランプ政権側に施策意図が無いワケが無いのに、それを一切報道しないのは、マスコミと政権側の信頼関係が損なわれている証拠だろう。 心配なのは、この状態が何時まで続くのかと言う事で、既成メディアがダメなら、代わりになるメディアが登場しなくては、「自由の国。アメリカ」はまやかしだった事になるだろう。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2017年01月31日 17:37
私は共和党支持ですが、政策の前にさすがにトランプの態度、言動には違和感があり、時には恐怖さえ覚えるこの頃です、、。
しかし、今回の入国禁止の措置についても、政権側の説明不足?もあって、人種差別にすり替えれれているのは残念です。ちゃんとしたステートメントを読めば、難民についても受け入れないと言っているわけではなく、5万人程度(それでも5万人も受け入れるんですから)に減らそうと。
あの7か国についても、ちゃんとバックグランドチェックが出来るシステムを作るまでの間で、永住権保持者などは含まれていないので、あんなに騒がれるほど過激な政策とは思えないけど、イスラム全体を阻止みたいなメディアの扇動になってるし、。

人間の性か、メディアやインテリは自分に危害が及ばない程度においては善人でいようとするだけで、日本も批判の嵐ですが、じゃああの国の人たちやメキシコ人が大量に押しかけて、自分の街の半分が外国人になっても、同じことが言えるのかと、。1000万人以上も不法移民がいるなんて、そもそも異常すぎるし。
トランプが日本も難民を5万くらい受け入れろ!なんて言ったら、とたんに日本のメディアも変わるでしょう。

もし隣に中国人か知らない中東の人が引っ越して来たら、たぶん僕も引っ越すと思います。
Posted by オハイオより at 2017年01月31日 23:56
>オハイオよりさん ソロです。 お久しぶりです。 明けましておめでとうございます。
>>トランプが日本も難民を5万くらい受け入れろ!なんて言ったら、とたんに日本のメディアも変わる
否、日本には既に、公称65万人、実質其の3倍もの朝鮮人が昭和23年以降政治難民として、米国に押し付けられて、「在日」と云う名前で存在し、数々の社会問題や凶悪犯罪を惹き起こして居ますから、是以上の難民の引き受けなど出来ません。

 メディアはその事は暗黙の了解で、在日に関する情報、真実に触れる様な言葉は、TV・ラジオ共に、自主規制が酷い。 例えば本名の公表は、報道界で大っぴらに禁句になって来ましたが、安倍政権になって、韓国の過度の反日を原因とする嫌韓への変化で、それらのタブーが少しづつ破られてきているのが、この処の日本に傾向です。

 在日の犯罪率は、日本人のそれの約5倍〜20倍と云われています。 倍率に差が有るのは、都会と田舎の環境要素の差でしょう。 それなのに、政府は、在日特権と云われている様な40項目近い特権を賦与、若しくは黙認して居ます。 是を告発しようとする日本人の集団=在日特権を許さない会=在特会を、マスコミは、逆にレイシスト集団扱いしている状況で、日本もマスコミを中心にグローバリズムによって、国の概要を無くしつつあります。

 ダカラ、トランプで良かったと思っていたのですが、この処の、見え見えの白人優越主義には、辟易して来ました。 所詮は、白人なんですね。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2017年02月02日 09:21
ソロさん、こんばんは。

このベルリン市長は何なんですかね。お花畑か似非人道主義者か。まあこういう手合いは日本の地方の首長にもいがちですがね。

想像ですが、大方のドイツ国民はウンザリしているのではないでしょうか。「極右」とマスゴミがレッテル貼する政治勢力の台頭が物語っています。

この市長ももう少し賢くならないとその立場にいられなくなるでしょうに。
Posted by 三四郎 at 2017年02月04日 19:22
オハイオよりさん、こんばんは。

>メディアやインテリは自分に危害が及ばない程度においては善人でいようとするだけで、日本も批判の嵐ですが、じゃああの国の人たちやメキシコ人が大量に押しかけて、自分の街の半分が外国人になっても、同じことが言えるのかと、。1000万人以上も不法移民がいるなんて、そもそも異常すぎるし

そうですね。ソロさんも指摘されていますが、メディアには似非リベラルが多い。私は日本のことくらいしかよく知りませんが、いかにも保守権力と戦っているように見えるのかもしれません。

メディア御用達のインテリなど安っぽくて薄っぺらい批判しかできません。この現実世界の矛盾を解決する建設的な提言を聞きたいものなんですが。

しかしトランプ、突っ走りますね。分かってやっているのか、無知なポピュリストなのか見当がつきません。

とりあえずマティス国防長官が「狂犬」という仇名とは裏腹に「まともな」言動をしているのが奇観です。
Posted by 三四郎 at 2017年02月04日 19:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446417359

この記事へのトラックバック