2017年03月18日

筋の悪い話

森友学園騒動は得体のしれない「フリージャーナリスト」が乱入していよいよカオス状態になってきた。

ここにきて、安倍首相からの寄付の「記録」とされる郵便振り込みの証書が学園より提示されたようだ(@niftyニュース/毎日)。

籠池理事長が、安倍晋三首相の昭恵夫人から寄付金100万円を受け取ったと話した問題で、毎日新聞は、学園側がその金を入金した記録と説明している資料の写しを入手した
>写しは、学園が計画していた小学校建設寄付用の「払込取扱票」の受領証。依頼人の欄に修正テープの上から「森友学園」と手書きされ、テープをすかすと「安倍晋三」と書かれていた。テープには処理した郵便局の印鑑が押してある
ノンフィクション作家の菅野完氏が籠池氏の長女に電話をかけ、同席した報道陣もインタビューに参加した
>長女によると、安倍首相の名前で振り込もうとしたが、郵便局で保管する取扱票の左側部分に森友学園と書かれており、名義が一致しないとして受け付けられなかったと説明。顧問の会計士と相談し、修正テープを使って書き直したという
>長女によると、昭恵夫人は2015年9月5日に幼稚園の講演会に参加した後、籠池理事長と園内で懇談。その際に昭恵夫人から寄付金を受け取ったとしている。長女は「その日は土曜日で、現金は金庫で保管し、月曜日の7日に幼稚園の別の職員が郵便局で入金手続きを取った」と話している


で、その「記録」とやらがこれなのだが・・。

20170318SS00001.png

まず強調しておきたいのは、これ自体には安倍首相が寄付したことについて何の証拠能力も無いことである。確認できることは、誰かが安倍首相の名を使い100万円を入金しようとしたということだけである。

常識的に考えて、100万円もの大金を振り込むのに書き損じが発生した場合、修正テープを使うとは考えられない。ましてや寄付金を受けた当事者であり、土日を挟んで翌営業日に振り込んだというなら新しい用紙を準備することは容易なはずだ。

それを敢えて後からみれば簡単にわかるような「修正」をした用紙を使うこと自体、安倍首相がこの件に関与していると思わせるような工作としか思われない。何しろこの森友一族は「箔をつける」ためなら皇室をさえ利用するような輩である。この「記録」に対する説明も全く信用できない。

メディアを含む反安倍界隈はさぞ色めき立っていることだろうが、このような筋の悪い話しか出てこないことに疑問を持たないのであろうか。

来週、森友氏は国会の証人喚問に出席するようだ。何を語るかは確かに注目だが、都合が悪くなるのは安倍氏の側とは限らないと心しておくべきだろう。
posted by 三四郎 at 17:10| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック