2017年03月19日

手仕舞いの準備か

昨日も書いたが「森友問題」は、悪筋の情報ばかりサヨク界隈やマスゴミが囃し立てているが、さすがに証人喚問を控えて「ヤバい臭い」を嗅ぎだしたのか、メディアはそろりと軸足を移し始めたように感じる。

あの「赤旗」もアリバイ作りを始めたようだ(@niftyニュース/J-CASTニュース)

学校法人「森友学園」(大阪市)をめぐる問題で、日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」が、「籠池氏『昨年10月、稲田氏と会った』 本紙に証言『感謝状』贈呈式で」(17年3月16日付1面)と題する記事について、18日付の紙面で「取り消す」との訂正記事を掲載した
>同記事は、同学園の籠池泰典氏と妻・諄子氏が16年10月22日の防衛大臣感謝状贈呈式で稲田朋美防衛相に会ったと同紙の取材に対して証言したとして、17年3月8日の参院予算委員会で出た「(籠池氏と)10年間ぐらい、お会いしたこともお話をしたこともない」という稲田氏の発言を「答弁の真実性が問われます」と指摘していた
>訂正記事では「その後の取材で籠池氏が感謝状贈呈式に参加していなかったことがわかった」としている


今朝の「報道2001」で共産党の小池氏が出ていた。先日籠池氏と直接面談したさいの様子を振られていたが、「国会の場で国民が見て判断すること」と歯切れの悪い応答に終始していた。おそらくは籠池氏の「筋の悪さ」にさすがに慎重にならざるを得なくなったのではないか。

籠池氏の「参考人招致」を声高に求めていた野党が、より厳格な「証人喚問」となった途端にトーンダウンしている。反安倍界隈は一斉に「手仕舞い」の準備を始めたのか。

いよいよ証人喚問が注視される。
posted by 三四郎 at 16:36| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448125311

この記事へのトラックバック