2017年04月01日

盗人に追い銭

群馬県は朝鮮学校への補助金交付を決めたという(NHK NEWSWEB)

群馬県は、前橋市にある朝鮮学校への今年度の補助金について、教育内容に明確な問題は確認されなかったなどとして、交付することを決めました
>朝鮮学校への補助金をめぐっては、去年3月、国が公益性や教育振興上の効果などを十分検討するよう求める通知を出し、これを受けて群馬県が前橋市にある朝鮮初中級学校への補助金の交付について検討していました
>県は、歴史や社会の教科書や教育内容を調査した結果、反日的な教育など明確な問題が確認されなかったことに加え、年度末に補助金の交付を見送ると学校の運営に与える影響が大きいなどとして、今年度の補助金を交付することを決めました
>これによって、学校に対して総額でおよそ242万円が交付されることになります
>交付の決定に合わせて大沢知事はコメントを出し、「拉致問題を教科書に記載することや、財務状況を公開し朝鮮総連と関係がないことを明確にすることなどの課題を解決しない限り、今後は補助しない」としています


アホか群馬県は。「教科書や教育内容」をどのように、どれだけ調査したのか知らないが、副教材や課外授業など反日教育をする方法はいくらでもある。教科書に記載してあることが全てではない。表に出さずに反日教育、北朝鮮の体制礼賛をすることは可能だ。

補助金なしでは学校運営に支障が出たとしてもそれは行政の責任ではない。そもそも正式な学校教育法上の学校ではないし、仮に要件を満たしたとしても補助金支給を前提とした学校運営そのものに財務上の問題がある。外国人学校を日本国民の税金で維持しなければならない理由はない。

大沢知事は「今後」について語っているが、前述の理由で全く意味のない警告である。国ぐるみで反日プロパガンダを行い、日本人を拉致してきた犯罪国家の施設という厳しい視点が求められる。これでは「盗人に追い銭」である。
posted by 三四郎 at 17:37| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック