2017年06月10日

それもいい

マスゴミと無能野党が必死に政局化の道具としている感のある「加計学園騒動」。政府はここにきて「怪文書」の再調査を決めたという(読売電子版)

>学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部の早期開設を「総理の意向」とした内部文書について、政府が再調査に追い込まれた
野党の追及や厳しい世論を受けての方針転換だが、与党内では、後手に回った対応に疑問の声も広がっている
>「徹底した調査を速やかに実施するように
>安倍首相は9日、首相官邸で松野文部科学相にこう指示した。政府は当初、「怪文書みたいな文書」(菅官房長官)と一蹴。文科省は調査で「文書の存在は確認できなかった」と発表し、再調査は「必要ない」(松野氏)と正面から向き合うことを避けてきた
>だが、新たな証言やメールの存在が次々と明らかになり、風向きが変わった。5月25日に前川喜平・前文科次官が記者会見し、「文書は確実に存在していた」と証言。6月2日には民進党が、文科省が内閣府から獣医学部の早期開設を求められた文書を省内で共有したことを示すメールの写しを入手したと発表した


何やら政府が追い込まれたように書いているが本当にそうなのか。確かにこれまで一蹴してきた対応を180度変えたわけだが、そもそも出所不明の誰でも捏造しうる「文書」についていちいち対応していては際限がない。

仮にその文書が実在するとすれば、文科省の誰かが漏洩したことになる。それはそれで役所としても守秘義務違反が問われる。しかも内容はといえば、官邸が文科省に進捗を促す体のもので違法性を感じさせるものはどこにもない。

安倍首相との関連も全てが憶測の域を出ないもので、国会も行政も時間とマンパワーが限られている中、「政局」狙いの怪文書に政府が「正面から向き合うことを避けてきた」のはある意味当然だろう。

が、執拗な反安倍スクラムの前に不信感を増幅させる国民も一定数いるのだろう。であればこの際「徹底した調査を速やかに実施」し、文書の存在だけでなく、その内容や背景について過去政権との関連も含め白日の下に晒すのがよかろう。

誰が本当に困ることになるのか、政権はある確信をもって臨んでいるのではないか。俺としても注視していきたい。
posted by 三四郎 at 17:27| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こういったリークでは、与党が標的となり、野党を利する行為である事から、過去の民進党の失敗も振り返る必要があるでしょう。リークで自滅した過去を忘れてはいけないと思います。

前川氏が単独で動いている事から、新たな証拠が出ても、その関係者の証言が出ねば、その信頼性は増さないと思います。メディア関係者ではなく、行政の関係者の証言が必要でしょう。官僚の中でも異端とされ、今もなおスタンドプレーでしか動けない氏が持ち出す証拠は、精査せねばならないと思います。同僚の中では、裏切利に等しい行動に打って出た氏が、国民をすら裏切っていない事を信じたいとは思いますが、政権への信頼の方が遥かに勝ります。
Posted by 隆 at 2017年06月10日 19:47
隆さん、こんにちは。

面白いのは、政府が再調査の方針を打ち出した後の野党やマスゴミの対応です。

「後手後手」だの「追いつめられて」だの「遅きに失した」だのと、概ねネガティブです。真相解明への一歩と評価しないのですかねぇ(棒)。
Posted by 三四郎 at 2017年06月11日 17:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック