2017年06月11日

大概にしとけ

韓国がこれだけ露骨な反日活動を継続していてもなお、「日韓友好」を口にする政治家がいる(@niftyニュース/読売)

>自民党の二階幹事長は10日訪韓し、木浦市の「金大中キムデジュンノーベル平和賞記念館」を視察した
>歓迎式典も開かれ、二階氏は「韓国と日本は一番の友好国であることを互いに後世に伝えていかなければならない」とあいさつ、冷え込んでいる日韓関係の改善に意欲を示した。式典には二階氏と長年交流のある野党「国民の党」の朴智元パクチウォン・前代表も出席し、「不幸な歴史を反省し、消化するよう、今後の両国の友好関係を築くために努力する」と語った


「長年の交流」の過程で利権かハニトラか、何があったのかは知らん。しかし「日韓が一番の友好国」などということは、歴史上この方一度でもあっただろうか。まして今この状況で日本が韓国に言うべき言葉では少なくともない。

歪んだ反日教育を継続し、東京五輪招致では悪質な妨害工作を行い、思い付きで旭日旗に難癖をつけ、「日本海呼称」を執拗に攻撃し、「慰安婦合意」を反故にしようと画策し、竹島を一方的に不法占拠し、窃盗した仏像さえ返還せず・・。

そんな国に言うべき言葉はただ一つ、「大概にしておけ。これ以上日本に甘えるな」ということだけだ。二階がどう思おうと、少なくとも俺はあの国を友好国とは一切思っていない。自民党も「大概にしておけ」。
posted by 三四郎 at 15:53| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かつて韓国とは、大陸からの進んだ文化の伝達路であり、シルクロードの東端であった筈です。大陸の広大無辺のエネルギーは、アジアを大きく包み込み、平和に共存していましたが、今や韓国は象徴的な意味で、日本に対する外部からの文化や人間の流れを塞ぐ蓋になっています。かつては、ストロー役として、交流の要であったものが、慰安婦合意などは、それが不履行によって、日本の再軍備による独立を阻もうとしていると思います。当たり前の国になろうとしているだけです。

慰安婦を左翼がいじるのは、それが、日本の男性社会に対するけん制となるからでしょう。日本軍の兵隊が、朝鮮人売春婦の顧客であっただけで、何ら悪い事は無いですが、重要なのは、女性に対する差別があったと、誇張する事によって、反日票を組織化する事ではないでしょうか。性欲の処理という、当たり前の行動、それを行った社会集団としての日本軍を批判する事は、健全な社会を否定する事です。慰安婦のロビー集団こそ不健全なカルトだと思います。
Posted by 隆 at 2017年06月11日 17:59
隆さん、こんいちは。

>慰安婦のロビー集団こそ不健全なカルトだと思います

いわゆる「挺対協」を始めとする「支援団体」は相当に北朝鮮工作員の影響を受けていると考えられます。韓国は北に蚕食されているといってもいいでしょう。極左反日大統領の誕生がその証明と考えます。
Posted by 三四郎 at 2017年06月18日 15:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック