2017年07月02日

ご都合主義

韓国の文大統領が訪米したようだがその成果に見るべきものはなく、意義そのものに疑問符が付くような内容だったらしい(Yahoo/朝日電子版)

>訪米中の文在寅(ムンジェイン)韓国大統領は1日午前(日本時間同日深夜)、トランプ米大統領が再交渉を求めた米韓自由貿易協定(FTA)について「首脳会談で韓米FTAの効果を調査するよう逆提案した。トランプ氏は満足できなかったのか、別途、再交渉の話をした。合意外の話だ」と語り、再交渉に応じない考えを強調した。ワシントンで韓国記者団に語った
>米韓で考えに食い違いが出ている北朝鮮との対話の条件について「現段階で特定しないことが賢明だ」と語った。文氏によれば、トランプ氏は「変化する情勢の中では感覚で判断するしかない」と語ったという。文氏は「核問題の解決のため、日本との協力は避けられない」とも語った
>米軍の高高度迎撃ミサイルシステム(THAAD〈サード〉)の韓国配備を巡る環境影響調査について「(米側に)THAAD配備の撤回が念頭にあるのではとの疑心があった」と指摘。文氏は「その意図はない」と説明し、米側も「当然の措置だ」と納得したという。文氏は「THAAD配備問題は、共同声明に盛り込むほどの内容ではなかった」と強調した


この記事を読む限り、同盟国同士の結束の確認とか建設的な新しい協力関係の構築には至らなかったようで、むしろ同盟国としては異常ともいえる溝があらわになったものと感じる。

THAADの件など、要するに米国に対し何も言えなかったわけで、蝙蝠外交らしいといえばらしい。中国へ今後どう説明するのか、しないのかが注目される。

それにしても対日問題では「慰安婦」の件に見るように、しつこく「再交渉」の方向にもっていこうとするくせに、米韓FTA合意については再交渉を拒否するのだからご都合主義も甚だしい。彼の国をまともに相手にしたらその時点で負けだと改めて思う。
posted by 三四郎 at 18:46| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック