2017年07月23日

厚顔無恥

掲題の言葉はこの人物のためにあるようなものか(時事電子版)

民進党の蓮舫代表は22日、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊の日報問題の事実解明に関し、「第三者の外部による調査に切り替える必要がある」と述べ、稲田朋美防衛相直属の防衛監察本部が進めている特別防衛監察では不十分との認識を示した。徳島県阿波市で記者団に語った
>蓮舫氏は、稲田氏について「防衛省を二分するかのような不安定な言動をしており、防衛相に値しない」と批判。その上で「特別防衛監察では防衛相は、協力はするけれど調査対象ではない。もっと言えば処罰の対象ではない」と指摘した


俺に言わせれば、自らの二重国籍問題について「民進党をも二分するかのような不安定な言動をしており、党首に値しない」し、疑惑の証明書を当事者自ら開示するだけでは不十分で、「第三者の外部による調査、検証に切り替える必要がある」。

要するに「お前が言うな」。議員を辞職して出直して来いといいたい。
posted by 三四郎 at 12:11| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック