2017年07月31日

平和痴呆

トランプ氏じゃないが「あの男は他にやることがないのか」。自国民を飢えと恐怖のもとに抑圧しながら「黒電話」こと金正恩が夜中にミサイルを発射し、日本のEEZ内に落下した。

この件について、行政の危機感のなさが伝わる記事があった(@niftyニュース/読売電子版)

>北朝鮮による大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射が異例の深夜に行われたことで、自治体からは夜間の対応に戸惑う声が上がった
>暗い海上での被害確認の難しさも浮き彫りになり、ミサイルが落下した日本海で操業する漁業関係者からは不安の声が聞かれた
>弾道ミサイル発射を想定し、今年3月に全国初の住民避難訓練を実施した秋田県男鹿おが市では、危機管理担当の職員2人がミサイルの発射直後に市役所へ到着。各漁協に電話し、出漁中の船の有無を当直に確認しようとしたが、「仮眠しているかもしれない。起こしては申し訳ない」とためらい、電話したのは午前7時頃になった。結果的に、ミサイル発射時に操業していた船はないと分かったという


9時5時のサラリーマン勤務じゃあるまいし、有事の発生は時を選ばないことぐらい常識的に考えればわかるだろう。夜間対応に戸惑う声が上がること自体、「有事対応」について何も考えていないに等しい。

さらに噴飯ものなのは漁協への電話確認である。「仮眠しているかもしれない。起こしては申し訳ない」とは完全に平時の発想で、いやこれでは平時でさえ災害やテロに対処することなど適わない。

結果的に被害が無かったから良かったが、もし現場近海に操業に出ていた場合はどんな状況にあったか知れず、捜索や救難が後手になるという人災を引き起こしていたかもしれない。

これは眼前の危機なのだ。関係各位は緊張感をもって臨んでほしい。
posted by 三四郎 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック