2017年09月02日

印象報道

菅官房長官は東京新聞記者の質問に対し「未確定な事実や単なる推測に基づく質疑応答がなされ、国民に誤解を生じさせるような事態は断じて許容できない」と異例の文書注意をしたらしい(msn/産経)

首相官邸報道室は1日、学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設計画をめぐり、8月25日の菅義偉官房長官の記者会見で、東京新聞記者の質問に不適切な点があったとして書面で東京新聞に注意を喚起した
>質問したのは、加計問題などで菅氏を追及している社会部記者。加計学園が計画する獣医学部施設の危機管理態勢をただす中で「(計画に対する)認可の保留という決定が出た」と言及した
>獣医学部の新設計画は大学設置・学校法人審議会が審査し、答申を受けた文部科学省が認可の判断を決めるが、この時点ではまだ公表されていなかった
>官邸報道室は東京新聞に宛てた書面で「未確定な事実や単なる推測に基づく質疑応答がなされ、国民に誤解を生じさせるような事態は断じて許容できない」として、再発防止を強く求めた


政府が特定のメディアに注意を促すという行為は一歩間違えれば「報道弾圧」「強権発動」などのレッテルを貼られ、内容によってはメディアスクラムによる非難の嵐を呼びかねない。

そんなリスクを冒してまで政府が文書注意に踏み切った今回の事案は、このメディアの意図的な印象報道ぶりが既に一線を越え、公平性・中立性の観点からも看過できないレベルになっていることの証左であろう。

記事では記者の氏名を公表していないが、菅官房長官の会見のおり、予てより執拗に誘導的、印象操作的な質問を繰り返してきた記者がいる。今回の事案が当人であるかはこの記事だけではわからないが、仮に別人だとしても、このメディアがどういう体質、スタンスかがよくわかる一件だ。

全国にはローカル紙ながら、朝日・毎日を凌ぐ反日・反政権のスタンスを隠さない新聞が多い。政権のマイナスは針小棒大に、時に捏造も厭わず、野党や反日勢力の失態は「報道しない自由」で隠す。新聞やその系列の地上波TVだけ見ていれば容易に洗脳されてしまう。

ネットが自由に使え、TVもBSやCSとまだまだ不十分とはいえ多チャンネル時代になっている。その意味で主権者たる国民も情報の受け手としての責任を問われていると感じる。


posted by 三四郎 at 09:43| 千葉 ☁| Comment(2) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>>東京新聞記者の質問に対し「未確定な事実や単なる推測に基づく質疑応答がなされ、国民に誤解を生じさせるような事態は断じて許容できない」
「其処まで云って委員会」という名の番組が、YTV(読売TV)で、日曜日の13:30〜15:00迄の1時間半に亘って、関西限定で流されていますが、その番組の常連コメンターの一人が、東京新聞編集委員(元主筆?)である長谷川氏ですが、此の処自身の所属の媒体なのに、カナリお冠りで委員長の辛坊さんから、よく突っ込まれて苦笑いしています。 東京新聞は中日新聞形で、東京の他紙との差別化を目指して、昔から極端な反権力志向です。 当然彼が主筆をやって居た時も、方針は変わらない筈ですが、曰く「取材をして来た事実をもとに記事を書くのなら、ジャーナリストと云えるが、想像や空想で書くのは、ジャーナリストではなく三文文士に過ぎない」と云う旨の、独白の様な事を云っていました。

 つまり、この頃の記者には、ジャーナリストは何ぞやと云う懐疑さえもてないと言う事でしょう。 情けない話です。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2017年09月06日 11:33
ソロさん、こんばんは。

>「取材をして来た事実をもとに記事を書くのなら、ジャーナリストと云えるが、想像や空想で書くのは、ジャーナリストではなく三文文士に過ぎない」

考えてみればろくな取材も検証もせず「反権力」「反アベ」をやっていればコアな読者から一定の需要が得られるのですから楽な商売してますよね。私でも出来そうな。

こういう「反権力」マスコミは自分たちがこんな無責任な駄文を書き散らしてもお取り潰しにならない日本という国に感謝しなくてはなりません。
Posted by 三四郎 at 2017年09月09日 18:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。