2017年10月15日

神鋼恐慌

政治的な分野を離れてみれば、最近では神鋼のデータ改竄問題が社会的な影響度からみて筆頭のニュースだろう。その範囲は自動車から公共交通、果ては原発など社会インフラにまで広がっているようだ(@niftyニュース/読売新聞)

神戸製鋼所によるアルミ・銅製品などの検査データ改ざん問題が発覚して15日で1週間となる
出荷先は約500社に上り、自動車など国内外の各種メーカーに影響が広がっている。自動車や航空機に乗る一般の顧客の疑念も募るばかりだ
>「規模が不透明で、車種もどこまで広がるか分からない。我々も不安だが、ドライバーはもっと不安だろう」。首都圏の車販売店関係者は14日、困惑した様子で話した
>出荷前の検査でデータを改ざんしていた不正を8日に公表してから、トヨタ自動車などの一部車両や東海道新幹線の車両などで問題の製品が使われていることが判明した。欧州航空機大手エアバスも製品を使用していないかどうか、調査に乗り出すなど、影響は拡大している


出荷記録と正しいデータが残っていればそれを公表すればいいだけの話だが、改竄は10年以上に渡って常態化していたとも言われているから、おそらくそんなものも残っていないのだろう。各製品メーカーやエンドユーザーは疑心暗鬼にならざるを得ない。

まずは何がどこまで改竄されたのか全容解明が急務ではあるが、この一週間の様子を見ていると裾野は広く時間もかかりそうだ。何より組織的な改竄であれば自浄作用も期待できない。早晩、行政・司法的な強制調査に頼らざるを得なくなるだろう。

素材は日本の産業技術力の源泉であり土台でもある。エアバスなど欧州航空大手までもが影響下にあることがそれを物語っており、畢竟日本の素材技術の優秀さと信頼性の証であった。それだけに日本ブランドに与える影響は大きい。

神鋼という企業の風土的なものか、あるいは東芝の不正経理にも通じる日本の大手企業に共通する何か根源的なものがあるのか、早急かつ徹底した検証が求められる。神鋼はもとより日本企業の経営陣は、この事件を世界が注目していると知るべきだ。


posted by 三四郎 at 08:32| 千葉 ☔| Comment(4) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 エンロンの不正経理、VWの不正検査、東芝の不正経理そして、此度の神鋼の不正検査、これ等の事件は、何れも企業の信用を根底から揺るがし、巨額な賠償金を発生させます。 その信用回復への途は遙かに遠く、倒産〜ブランド消滅しか頭に浮かびません。

 明らかに、今まで起こって居なかった種類の問題で、新たな地平から湧き上がるヂレンマの様な話です。 解決方法を真剣に模索しなくては、明日は我が身と云う事です。 特に生産業は本気で取り組むべきでしょう。

 何故こんな事が起こって終うのでしょうか、其れは、企業環境は様々な変化の中に有るのに、経営陣の業績評価が常に右上がりに設定されていると云う点、技術的なモノを売り物にしているのに、技術面の向上への投資基準が営利主義・成果主義ダケで組まれている点・・私は、現場管理が永かったので、細かい処は判りませんが、遠目でみてもいろいろ不満は有ります。

 一概には云えませんが、経営陣が総務系、技術系、営業系居るとすれば、総務系になった時が最悪のように感じます。 徹底的に無駄を省く事しか業績を遺せないからです。

 然し企業が求めているのはバランスです。 育った畑は色々でも、経営者となる人やそのスタッフは、原則ジェネラリストでなければイケマセン。 では、三つの系から出てきた、其々のスぺシャリストの合議制が良いのかと云えば、是もイケマセン、唯の勢力争いの場になるからです。 VW の様な株主の独裁状態では、株主は第三者的に技術系の開発の遅れを常々責任者に指摘し、批判して居たそうですが、責任者が是に耐えられず、結果を求めて、検査で不正を行ったと云うものでした。技術責任者の責任が一番なのかもしれませんが、出来ないならできない形の手段もあったはずです。 それを認めない株主の暴走を誰も止められなかった事も原因と云うしかありません。 こうなれば、個人と個人の争いの結果ともいえ、企業は一体誰のものなのかと云う疑問さえ生まれます。

 此度の神鋼の件は、既に不正開始から10年以上を経過しているとの話ですから、当事者間に、不正認識は既に無かったモノと思われます。 ではドゥして、発覚する事になったのでしょうか、それは、検査の成績通りの品質なら、クリアする筈のモノが、度々クリアできなかったと云う事実によるものでは無かったか、と思います。 是は、「小さい無駄を削って行きましょう」と云う、一見、何の瑕疵もないスローガンの裏に、「削ってはいけないモノが含まれてはいないか?」。と云う検査体制が無かったと云う事でしょう。 勿論、企業は営利追求体制に無ければならないので、スローガン自体は正しいでしょうが、何年も放置しているからと云って、検査をしない、疑問を感じないのは、怠慢と看られても仕方がないでしょうね。神鋼は全社的に、そう云った見逃し検査はモゥないのかを探るべきでしょうね。 それが、この先も神鋼全体を維持して行く必須の事です。

 営利追求ダケで企業はその存在意義を保てるのか、と云う点を掘り下げて看ます。

 嘗て、生産企業は多くの労働力の吸収を行い、地域社会の経済安定・確立の為に、大きな存在意義を持って居ました。 企業利益に懸る税金、設備投資による地方企業への貢献、そして多くの従業員に対する毎月、毎期の給与、賞与によって、地域経済は核心を得て発展していました。 所謂、企業城下町と云うものです。斯ういうバランスがモゥ取れない時代になりつつあるのです。しかし、此のビジネススタイルは、生産手段の自動化、省力化、省エネ化等の技術革新によって多寡高この30年ほどで、急速に劣化しつつあるように感じます。 つまり実は人が余りだしているのです。 この先、少子高齢化で生産人口が減る事は寧ろ現実に即していると云って良いでしょう。然し、日本の企業はその問題を乗り越えていける知恵と工夫を持って居るように思います。
 
 私見ですが、何れ企業は高度にAI化が進み、労働者を必要としなくなる事が可能な事態が起こるのではないかと思います。然し、もし世の中に、フルAIと云う生産手段に、投資した生産者は居ても、其れを買える購買力を持つモノが居なくなるわけです。是では経済は成り立ちませんよね。つまり、科学技術の進化だけでは問題は解決しないのです。其れに併せた新たな視点の経済学と新たなビジネススタイルが必要です。

 この先、どの様なスタイルが現れるのでしょうか、其れはキット、吾々の次の世代が直面する社会なのでしょう。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2017年10月16日 10:46
新聞にもナゼダ?!という記事があり識者がナンタラと書いているが、例えば車が人を轢いたらアウトです。社長様でも轢いたらアウト、刑務所行きです。神戸製鋼はアウトです。

こういう企業は潰した方がいい。ただそれでは多くの社員は路頭に迷うからどこかの企業に吸収して貰うと良い。合併などと立派な事を言う立場にはありません。以上オワリ!の企業です。
Posted by 相模 at 2017年10月18日 16:41
ソロさん、こんにちは。

この問題はかなり根が深いようですね。時期的にも相当昔からやっていたようです。

最初に始めた人間が退職した後も、それは「ローカルルール」や「不文律」として継承されてしまったのかもしれません。技術や職人精神といった継承されねばならないものを置き去りにして、安易な営利追及の姿勢だけが残ってしまったとすれば、実に皮肉なことです。

>科学技術の進化だけでは問題は解決しないのです。其れに併せた新たな視点の経済学と新たなビジネススタイルが必要です。

本来、文系エリートの役割はそこにこそあるはずなのですがね。
Posted by 三四郎 at 2017年10月22日 16:53
相模さん、こんにちは。

やってはいけないことを組織的に、長期間やってきて、しかも誰もそれに気づかない、咎めない。

確かに企業として「オワッタ」会社ですね。
Posted by 三四郎 at 2017年10月22日 16:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。