2017年10月28日

断絶希望

韓国の新しい駐日大使が「日韓関係改善のため」に天皇陛下の訪韓を求めているらしい(@niftyニュース/TBS)

>今月末に着任する韓国の新しい駐日大使がソウルで会見し、「天皇陛下の訪韓が日韓関係の改善に大きく寄与する」と述べました
>「現在、韓日両政府の信頼関係が非常に弱い。だから、相手の立場で考える精神が発揮されれば良いだろう」(李洙勲 新駐日大使)
>今月31日付けで日本に着任する李洙勲新駐日大使(62)は、冷え込んだ関係を抜け出し、歴史問題の解決と未来志向の発展を同時に進めるいわゆる「2トラック」で大使職に臨む考えを示しました。その上で、天皇陛下が退位前に韓国を訪れることが日韓関係の改善に大きく寄与するとして、「環境作りに努める」と表明。文在寅大統領も早い時期に日本を訪れ、日本の国民と直接、対話することが重要と訴えました
>また、日韓の外交問題となっているソウルの日本大使館前にある慰安婦像については、「外国公館を保護する国際的な礼儀を考慮する必要がある」と日本への配慮をにじませています
>ただ、李氏は2日前の韓国メディア向けの会見では、「韓国の国民が、慰安婦合意に納得していないことを日本に伝える」とも話しています
>大学教授出身の李氏は、盧武鉉政権時に東アジア情勢について大統領を補佐した人物で、文在寅政権発足にあたっては外交ブレーンとして北朝鮮との対話を訴えてきました


天皇陛下訪韓など絶対反対、おとといきやがれだ。

日韓関係の悪化は偏に韓国側に責任がある。日本の領土を不法かつ一方的に武力占拠し、捏造の歴史観による反日情報を国内外に拡散、国家間の約束も守らず経済的な支援は要求するという、傲岸不遜な態度に日本国民は辟易し嫌悪している。

まずこうしたことを改め、最低限「慰安婦合意」という国家間の約束事を履行しなければ信頼関係は成り立たない。そういう不信の環境が何一つ改善せぬまま日本の象徴たる天皇陛下をお送りすることは国民感情として許容できない。

韓国にとっての「関係改善」とは専ら日本が一方的に譲歩し「謝罪」することであり、その「証拠」として何らかの「お言葉」を天皇陛下から引き出す狙いだろう。日本国民が最も忌避する「天皇の政治利用」をあからさまに求めている。厚かましいにもほどがある。

「慰安婦像」の件について言えば「配慮をにじます」云々のレベルで語られる問題ではない。明らかに国際ルール違反であり日韓合意違反でもある。可及的速やかに撤去し「納得していない国民」を納得させるのが韓国政府の仕事だ。日本に一切の責任はない。

それらをクリアすることこそ「未来志向の発展」の第一歩である。「2トラック」など要するに「用日」を正当化するための二重基準でしかない。まともな日本人なら騙されることはない。こんな関係が続くならむしろ日韓断絶を希望する。

もう一度言う。おとといきやがれ。
posted by 三四郎 at 08:47| 千葉 ☁| Comment(2) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>三四郎さん
>>一昨日きやがれ
 全面同意! 何を、世迷いごとを言って居るのか、韓国は反日をするのなら、するで、
覚悟を決めてやったらドゥなんだろうか、日本のネットに現れる嫌韓は既に「断交容認」レベルにあり、其れでも訪日してくる韓国人観光客を苦々しく思って居る位である。

 例外は、今やCM出稿のメインになった観の有る在日企業へのマスコミの屈韓とも言うべき姿勢だろう。番組のあちこちで「一方的な配慮」が感じられるが、見て居るダケで腹が立つ。彼らには、日本に対する配慮は欠片もないのだから。然し、此奴らもこの選挙の顛末で朝鮮族支配が相当バレた上、政治家も、極左売国政治集団と屈韓政治集団の2つが、反日野党の構成要素だと仕分けされたので、この先双方共、国民の信頼を更になくすだろう。

 韓国経済の現状を一言で言えば、功利主義だけで見るに、最早、米国のハゲタカも完全に見放した韓国には、モゥ何も残って居ない。 信用も無ければ、技術もないし、金も無い、おまけに差別主義者がうようよいる国柄だから、他の国からもスポイルされ始めて、3か月後に迫ったオリンピックさえちゃんと開けそうにない。

 シナからも約束を破ったが故に見捨てられ、今や、マトモに韓国と付き合ってくれる国は日本しかない筈である。 そんな自分の姿も見えないのだろう、その日本に反日を散々やって居る癖に、日本の国民が敬愛して止まない天皇陛下に半島に来い、とは、何たる無礼。

 百万歩譲っても、老齢を理由にご譲位の意思を明らかにされている陛下のご健康の事を考えれば反対する他は無いし、其れより先ず、国際的に失格の烙印を押されている原因である、国同士の合意=15年の日韓合意を履行したらドゥなのだ。

 国として基本的な、国同士の合意を守れない、国民の反日を抑えきれない程度のガバナビリティの低い政府に、陛下の安全を任せられるわけが無い。米国が未だに、代わりの韓国大使を派遣して居ない契機となった、リッパート事件を思いだせば、身震いしか感じない。

 ダカラ、もし行くとすれば、自衛隊の厳重警護付きでもし、何か不敬があったら、即、開戦と言う話でないと国民は納得しない。第一、米国が戦時作戦統制権の返還を履行=在韓米軍の撤退を始めたら、今の状況は一変する筈だ。オリンピックすら開催が危ぶまれている現状で、国民の90%が敵対している日本の元首を呼べるわけが無い。

 そう言う覚悟があっての発言か? と訊いて看たらドゥだ、外務省。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2017年10月29日 10:51
ソロさん、おはようございます。

この件、日本は徹底して黙殺でいいと思います。こんなことで議論し喧しくなることは却って陛下の心労を徒に増すばかりでしょう。いまは譲位までの日々を静かに送っていただきたいものです。
Posted by 三四郎 at 2017年11月05日 07:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。