2017年11月12日

右顧左眄

トランプ米大統領の東アジア歴訪が終わったいま、韓国の「蝙蝠外交」が復活している。中国・習近平と韓国・文在寅はベトナムで会談し、中韓関係と半島問題について認識を一致させたうえで、来月には文が中国を訪問することを合意したようだ(@niftyニュース/時事)

中国の習近平国家主席と韓国の文在寅大統領は11日午後、訪問先のベトナム中部ダナンで会談した。韓国側発表によると、両首脳は文大統領が12月に訪中することで合意、北朝鮮核問題について「最終的には対話を通じ、平和的に解決すべきだ」との認識で一致した
>文大統領は習主席に対し、来年2月の平昌冬季五輪開催時の訪韓を招請。習主席は「努力する」と答えたという
>習主席は冒頭、「この会談は今後の両国関係発展と朝鮮半島問題において、重大な契機になると信じる」と述べた。文大統領は外交当局の協議を通じて関係回復で合意したことに「喜ばしく思っている」と応じた。両首脳の会談は7月にベルリンで行って以来2回目で、10月に習主席の2期目の指導部が発足してから初めて


トランプ氏の帰国直後に中韓の首脳会談、来月には韓国大統領が訪中とは、いかにも「ご注進」「ご報告」の体である。その上、中国主席の平昌五輪招請に対する習の答えは「努力する」というそっけなさで、「属国はつらいな」と苦笑するばかりだ。

しかも文大統領が「中韓関係の回復で合意」と嬉しがっているのに対し、習主席は「この会談は今後の両国関係発展と朝鮮半島問題において、重大な契機になると信じる」と韓国の対米関係の見直しを促すごとく釘を刺す言いっぷりだ。米国同様、中国もまた韓国という国を信頼してはいないと感じる。

一方、韓国マスコミはトランプ−習会談を「期待外れ」と報じている(@niftyニュース/Record China)

>2017年11月11日、中国訪問で世界遺産の故宮を貸し切りにするなど「皇帝級待遇」で歓迎された米国のトランプ大統領。米中首脳会談の最大の焦点は核・ミサイル開発に突き進む北朝鮮への対応だったが、「朝鮮半島の非核化」で一致しただけ。韓国紙は一斉に「期待外れ」「物足りない」などの声を上げている
>10月の中国共産党大会を経て2期目を迎えたばかりの習近平総書記(国家主席)にとって、トランプ大統領を迎えた米中首脳会談は国内外に威信を示す絶好の機会。中国共産党機関紙・人民日報の電子版は「世界の二大エコノミーであり、国連安保理常任理事国でもある中米は世界の平和・安定の維持、世界の発展・繁栄の促進において広範な利益を共有し、特殊で重要な責任を担っている」と、その意義を強調した
>それにもかかわらず、朝鮮半島問題では北朝鮮の核保有を認めず、「完全かつ検証ができる非核化」の実現で合意するにとどまった。実現に向けても「圧力」のトランプ大統領と「対話」の習主席の溝は埋まらなかった
>これについて、朝鮮日報は「期待外れの米中首脳会談」との社説を掲載。「今回の米中首脳会談は、習主席が中国共産党大会で一人体制の基盤を確保した直後に行われたため、北朝鮮の核問題についても『何らかの突破口が開かれるのでは』といった期待もあった。ところが中国は『何があっても北朝鮮政権の崩壊だけは避けたい』とする基本的な立場に変化はなかった。核兵器の廃棄や北朝鮮住民の生活を向上させるようないかなる行動も中国は考えていないのだ」と習主席を非難した
中央日報も社説で「トランプ米大統領の韓日中3カ国歴訪の完結版として関心を集めた米中首脳会談は無難な結果につながったが、一方で多少物足りないところも残した。北朝鮮の挑発意志を断念させるような強力なメッセージは共同会見から出なかったためだ」と指摘。「北朝鮮の核・ミサイルという火種を取り除かない場合、いつでも米中両国はもちろん、韓国と日本をはじめとする世界全体に悪夢になり得るという事実を米中両国首脳は忘れてはならない」と訴えた
東亜日報は社説で「米中首脳会談を見ると、自国の利益を優先する強国のパワーゲームとその前で弱くならざるを得ない韓国の力の限界を痛感する」と言及。「強国の力と金、国益優先主義が絡み合った米中日の巨大なチェス版で、北朝鮮核問題が道に迷わないよう、われわれの決意を固めなければならない」と論じた
>一方、ハンギョレ新聞は「米中の“裏面合意”に神経とがらせる韓国政府」と報道。「一部の専門家は中国が今後の対北朝鮮特使派遣などを念頭に置いて米国側と事前に意見を交換した可能性もあるとみている」と伝えた


韓国が米中会談に何を期待していたのか知らないが、そもそもあの国は「半島問題は韓国抜きでは進めてはならない。韓国が主導権を握る」と啖呵を切っていたのではなかったか。

それが右から左までマスコミの論調はほぼ「米中頼み」の事大主義丸出しである。韓国としての主張やグランドデザイン、マスタープランといったものさえ示していない。ひたすらに「両大国の責任」を問うばかりである。これで「当事者」「主導者」と言えるのか。

朝野全体がこの調子だから「大国」に翻弄され付け込まれてきたのではなかったか。「歴史に学んでいない」のはどこよりも韓国であろう。隣で見ていて実に見苦しい。中露どこでもいいから早く正式に属国化してしまえと言いたい。


posted by 三四郎 at 08:30| 千葉 ☀| Comment(2) | 管理人よりお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>>朝野全体がこの調子だから「大国」に翻弄され付け込まれてきたのではなかったか。「歴史に学んでいない」のはどこよりも韓国であろう
 国民全般に亘って、歴史に学べる程歴史を重視して居ない癖に、一丁前に「歴史がドゥたら」と云いつつ、歴史を改竄し、自分を被害者に仕立てる為に付加をしてきた朝鮮族は、歴史を語る資格などありません。彼らにとって、歴史は「金をむしり取る理由の宝庫」以外の何物でもない。そして、彼らの主張が大方嘘である事は、彼ら自身が良く知っているし、外国も彼らの云う通りの史実なら、辻褄が合わない事が多過ぎる事に気が付いている。

 ダカラ過日アメリカの高校に留学していた韓国人の留学生が、歴史の授業中に、彼が教わった韓国史で反論した所、教授を始めとする殆ど全員が嘲笑された。 それを恨みに思って、帰宅してから銃で武装し、クラスメートの大半と教授を殺害し、当時の大量殺人の新記録を創った、そして彼は自殺した。 という事件が起こって居る。 韓国の嘘の歴史が起こした悲劇だと云えよう。

 但し、彼等にもいろいろ居て、その中でも戦後日本に逃げてきた在日などの主張する歴史は、或る程度、「彼等から見たらそう云う風に見えるのかもしれない」と評価できる範囲のものだが、肝心な事である、何故、戦後逃げてこなければならなかったかを省いている点で、全く価値が無い。 其れは、李承晩やその背後で彼に「赤狩り」と云う大義名分を与えた、GHQやCIAと云った、公的機関の犯罪を暴き出す契機になる証言だからだ。

 米国と韓国の間の冷却度合いが、今回のトランプ訪韓で、ピークに達したと云って良いだろう。 何時もながら、「最悪の時に、最悪の事を仕出かす」点には、驚きを禁じ得ない。一体、国が亡ぶと云う悲観・絶望的な惧れからでも、口や態度を慎む、という作法は、発揮できないのだろうか? 思うに、その前提となる「他人の身になって考えて、相手を思いやる」と云う思考が出来ない民族なのだと思いますね。

 訪韓時の失敗だけなら、未だ良かったが、その後の訪中は、ハッキリ「シナを事大します」と宣言したに等しい内容だった。 然し、シナ側も。韓国に今更靡かれても、米国を敵に回してでも庇う義理は無いと、思っているだろう。 まぁ、在韓米軍の引き揚げ=シナの侵攻はなさそうだが、朝鮮軍の侵攻の確度は高まったとみて良いだろう。 引き金は、在韓の外国人の撤退の開始だと思いますね。その後は、全方位から攻撃を受ける可能性が有る。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2017年11月13日 13:55
ソロさん、おはようございます。

韓国外交の迷走については、自国メディアからも不安を指摘されています。
https://news.nifty.com/article/world/china/12181-214849/

彼らに言わせれば、米中双方に「いい顔」をする「アマチュア外交」だそうです。

それはそのとおりだと思いますが、そういう「アマチュア」を選んだのは韓国民であり、あちこちに「いい顔」をすることが「東アジアのバランサー」と持ち上げてきたメディアの責任でもあることを慮外に置いているあたり、やはり自己を客観視できない民族性であることが窺えます。
Posted by 三四郎 at 2017年11月19日 11:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。