2017年07月15日

二重三重の疑惑

民進党の蓮舫代表がその戸籍を公開する、しないで党の内外が喧しい。

本人、一旦は「戸籍を公開する」と読める意思表示をしながら、サヨク界隈から「人種差別」「レイシスト」とお約束ではあるが意味不明の批判が出るや、これに便乗して「差別主義者の圧力には負けない」などと見当はずれの発言をする始末。

しかも「いま現在、台湾籍はない」ことを説明するだけだというから話にならない。問題は二重国籍があったのはいつまでで、そのときどんな公的身分だったかということを明確にできるか否かにある。

しかしここにきて新たな疑惑が浮かんでいるようだ。何と二重国籍どころか、中国籍をも持つという三重国籍の時期があった(か、ある)らしいのだ(netgeek)

(前略)
>台湾は国際的には国として認められておらず、中国政府は台湾を中国の一部とみなしている。だから蓮舫はそういう意味で台湾籍のことを「中国籍」と言うことがあるのだと思われていた。だが、よくよく考えてみれば台湾に帰属意識のある人間が自分を中国籍だというはずがない。台湾人は中国は全く別の国だと考えているからだ。
>理解しにくい蓮舫の発言は実は台湾、中国、日本の三重国籍を持っているということを意味していたのではないだろうか。中国のメディアであるチャイナネットには「中国国籍の者として頑張りたい」とコメントし、父親が台湾国籍という話の文脈では「自分も台湾籍の人間として頑張りたい」とコメントする。このように捉えれば蓮舫の発言は矛盾しないことになる
(中略)
>中国政府からすれば日本の政治家になった蓮舫はスパイや工作員として利用したい存在に違いない。事実、蓮舫は何度も中国に足を運び、現地の選挙に感心を寄せている。投票したかは不明だが、今でも有権者として投票権を持っているのではないかとも噂される
2つだと思われていたものが実は3つあった。この盲点の可能性に気づく者は少ない。台湾籍について誤りを認めてけじめをつけた蓮舫が今もなお戸籍謄本の公開を拒むのはまだ隠している情報があるからだろう。「台湾籍離脱は公開する」という宣言が皮肉にも他の国籍も有している可能性を匂わせた


これは一見トンデモな話だが、公人が国籍を開示するという当たり前のことをここまで引っ張っておきつつなお、「レイシスト」「差別主義」云々と話のすり替えをしようとしている状況を見ればいかにも怪しく、非常に穿った見方となる。

日本国の議員にして未来の首相候補に関わる疑惑であり、真実であれば重大な国法違反であり国民への背信行為である。蓮舫代表と民進党は今こそ「説明責任」を果たしてほしい。
posted by 三四郎 at 13:21| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人よりお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

不当な干渉

これは不当な干渉というしかない。

国連拷問禁止委員会なる組織が、日韓間の「慰安婦問題」合意内容が「不十分」だとして見直すよう勧告したいるという(yahooニュース/聯合ニュース)

国連の人権条約に基づく拷問禁止委員会は12日、報告書の中で旧日本軍の慰安婦問題を巡る韓日合意の内容を見直すよう勧告し、両国に再交渉を促した
>同委員会は韓国関連の報告書の中で、2015年末の慰安婦合意について「両国による合意を歓迎するが、被害者に対する補償や名誉回復、真相解明、再発防止の約束などについては十分なものとは言えない」と指摘。その上で、被害者への補償と名誉回復が行われるよう両国は合意を見直すべきだとし、事実上、合意を巡る再交渉を促す内容となっている
>委員会は韓日合意の前まで、慰安婦問題で日本政府に対し真摯(しんし)な謝罪と補償を促していた。合意後、慰安婦問題に関連する内容に言及したのは初めて
>2013年の報告書では「日本は補償をしたと主張しているが十分ではなく、大半は民間によるもの」と指摘しながら、日本政府の基本認識自体が犠牲者にとって非常に重要とした上で公式な謝罪が行われなければならないと強調している
>今回の報告書では「慰安婦問題は継続して検討されるべき事案であり、次の報告書でも取り扱う」としている
>慰安婦問題については、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が11日に行った安倍晋三首相との初の電話会談で、韓日合意について韓国内で批判的な世論があることを明確に伝えた。このため、再交渉や合意の破棄の可能性が取り沙汰されている


この勧告の内容はまんま韓国反日世論や大統領候補たちの主張そのものである。日本の立場、主張は全く省みられていない点で著しく偏向した見解である。

旧日本軍が慰安婦を強制連行したという甚だしい事実誤認から始まり、反日勢力によって政治利用されたこの問題に、日本政府が公式に謝罪し日本の公金で賠償するなどということは基本的にあり得ない。

そのあり得ないことに対し、人道的見地から日本政府として最大限の譲歩と寛容の精神で対応してきた結果がこの日韓合意である。そこを日本政府は堂々と主張し反論しなければならない。

そもそも当事国の政府同士が公式に合意した内容について、国連と言えどもこれに干渉することはできない。国家間の正式合意をその時々の世論に影響されて見直すような事例が常態化すれば、あらゆる条約や合意が無意味となり、国家間の諸問題に対する平和的な紛争解決は不可能となる。それは国連の精神にも相反することではないのか。

今回の勧告は、韓国大統領選挙が極左親北候補に決定した直後に発せられているが、もともとこの問題を執拗に取り上げて日本に「行動」を促してきた同委員会の過去を鑑みれば、韓国や中国による相当なロビー活動もあったのであろう。

ともあれ、これを拘束力のない勧告に過ぎないとして無視するのは危険である。政府は迅速に抗議するとともに、その偏向した内容に反論し、二国間の正式合意を粛々と履行する以外に国家の信頼を担保する方法はないと釘を刺すべきである。
posted by 三四郎 at 08:42| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人よりお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

妄想のヒュンダイ

「日刊ヒュンダイ」の妄想記事も佳境に入ってきたようだ。何でも、安倍首相が現国会で「森友問題」を追及されて窮地に立たされている中、その「後釜」に一番近い位置にある麻生氏が「次はオレ」とばかりに「上機嫌」だと、「見えている」らしい(@niftyニュース/日刊ゲンダイ)

>「最近の麻生さんは機嫌がいい」――。安倍首相が「森友学園」疑惑で窮地に立たされているのと反比例するように、いきなり麻生太郎副総理が元気になっているという
実際、安倍首相が野党から厳しい追及を受けている、その後ろでニタニタと笑顔をみせている
>「麻生さんの機嫌がいいのは、安倍首相が倒れたら“ポスト安倍”は俺だと計算しているからだろう、と政界ではみられています。とにかく笑顔が絶えない。たしかに、いま安倍首相が退陣に追い込まれたら、後継は麻生さんになる可能性が高い。副総理だし、安倍首相が禅譲するなら麻生さんでしょう。大嫌いな石破茂氏や野田聖子氏には絶対に譲らない。麻生首相なら、安倍首相も政治力を維持できますからね」(自民党関係者)
麻生太郎氏の側近である鴻池祥肇元防災担当相の事務所から、森友学園との面会記録が流出したのも、安倍首相にダメージを与えるために意図的にやったのではないか、といったうがった見方まで出ている
>「麻生さんが元気になったといった話が飛び交うのは、“森友学園疑惑は安倍首相の致命傷になりかねない”と自民党議員が危機感を強め始めた裏返しです。これまでの大臣の疑惑とはインパクトが違う。石破茂さんも倒閣のチャンスと思っているのか、森友学園疑惑を問題にし始めています」(政界関係者)
>安倍首相が、かなり追い詰められているのは間違いなさそうだ


ヒュンダイ等サヨク関係メディアには、今の安倍内閣は「絶体絶命」に見えるようだ。しかしどこをどう捉えたらそう見えるのか、俺には理解できない。

そもそも今回の「スキャンダル」を安倍首相に結び付けるのはかなり無理がある。野党が繰り出す「証拠」「証言」も解釈次第でどうとでも取れる曖昧なものばかりだ。むしろ民進党の松原議員など身内が関与しているととれる写真等が出回り、壮大なブーメランが飛び交い始めているという印象を受ける。

それゆえにこそ、民進党や共産党も「道義的責任」などというしかない。つまり法的な責任は追及できないことを認めているのだ。こんな茶番を国民はいつまで見せられなければならないのか。

実際、「インパクトが違う」スキャンダルという割には、安倍政権の支持率はほぼ安定している。つまり国民は全て「お見通し」なのだ。内外の山積する政治課題がありながらそれらへの議論を放擲し、怪しげなスキャンダルで政権転覆だけを狙う野党の無能さ卑しさを。

これでテロ防止法改正案が成立した暁には「議論する時間を与えなかった」として政権批判を展開するだろう。つくづくこんな野党はいらない。
posted by 三四郎 at 11:32| 千葉 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 管理人よりお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

一週間ほどお休みします

ブログ主です。

かねてより病気療養中の義母が、去る2月9日、84歳にて永眠いたしました。

葬儀及び事後の諸事対応のため記事更新をお休みします。一週間程度の見込みです。

よろしくお願いいたします。
posted by 三四郎 at 08:38| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 管理人よりお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

一週間ほど休止します

6/10より一週間ほど米国出張となるためブログ更新とコメント返信ができません。御訪問いただいている皆さま方には誠に申し訳ありませんがよろしく御承知おきくださいませ。
posted by 三四郎 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 管理人よりお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする