2017年06月18日

野党の怠慢

通常国会が閉幕したわけだが、今国会ほど野党の怠慢が目立つ国会もなかった。

「テロ等準備法案」など国家・国民にとって重要な法案が議論の俎上に上げられながらも野党は本質的かつ建設的な議論には応じず、したことと言えば「森友・加計」と無理筋のスキャンダル狙いによる審議妨害、遅延工作ばかりであった。そのことを数多の国民は冷めた目で見ているのだが、肝心の当事者は全く分かっていないようだ(日経電子版)

(前段略)
> 「森友学園(大阪市)問題に始まり、加計学園に終わった国会だった」。自民党男性議員は充血した目でこう振り返った。「どちらも本質では政治スキャンダルになるような話ではない」と言いながらも、「謙虚に説明していればこんな騒ぎにはならなかったはずだ」。政権幹部の対応への不満が口をついた
>同党の女性議員は「(文部科学省が再調査に追い込まれるなど)後から取り繕う形になったので何か悪いことがあるかのように思われてしまった」と不満げ。「官邸はもう少し丁寧に国民に接してほしい」と注文をつけた
>野党議員の顔にも不完全燃焼感が漂う。民進党の男性議員は「与党答弁には謙虚さがない。ヤジと怒号ばかりで本質的な議論ができなかった」と憤ったが、「国会は数の論理。我々も世論の後押しを得ていかなければいけない」と自らを戒める。別の同党男性議員も「もう少し追及が必要だった」と反省した
>別の野党の女性議員は「(2009年の)政権交代前夜にあったような熱気が野党にない。一人ひとりがもっと熱くなって、役所に乗り込むくらいの気持ちがないと」と歯がゆさを口にした
>国会論戦はこの日で終わるが、23日には都議選の告示を控える。関係者は一連の審議の影響を図りかねている
(以下略)


与党側は無理筋の論理でスキャンダルを捻じ込んでくる野党を軽くあしらえると思っていたのだろうか。ただ「安倍憎し」で政策も正義もない野党は「森友・加計」で押すしかなく、マスゴミも「ニュース」になればいいのでこれを煽ってきた。

その実相を認識し、もう少し先手を打って堂々と丁寧に説明していれば野党に付け込まれることもなく、却って野党の出鱈目ぶりが早く国民各層に周知されたのではなかったか。

野党の対応は無能を超えて議員として怠慢、否意図的な無作為という意味では国民に対する背信レベルであった。

もとより「数の論理」で政治が動くことは分かり切ったことである。「テロ等準備法」も成立は時間の問題であった。俺は「テロ等準備法案」を是とし新たな時代の組織テロに備えるには必要不可欠なものと認識しているが、同時に「両刃の剣」的な側面があることも承知している。

であれば、野党のすべきことは徒にこれを妨害することではなく、法が適用されると想定される具体のケースをできるだけ多く取り上げ、政府与党の見解を引き出すことであったはずだ。

その件数が多ければ多いほど、将来、法執行の現場での判断に恣意性が入る余地が少なくなり濫用にブレーキをかけることができ、延いては一般国民を守ることになる。それが立法府の一員である野党のなすべき最大の仕事ではなかったか。

しかし今国会の野党の姿を見るに、本島にこの法案の重要性を認識していたのかと疑問に思わざるを得ない。

もし仮に将来、独裁的な政権が誕生して「普通の国民」が濫用の犠牲になることがあったとすれば、その責任は野党議員にも問われなければならない。

そのような認識もなく「世論の後押し」を期待できるはずもないし、「役所に乗り込む」熱気があってもただの空回りで終わる。野党諸氏の猛省を望む次第である。
posted by 三四郎 at 15:18| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

大概にしとけ

韓国がこれだけ露骨な反日活動を継続していてもなお、「日韓友好」を口にする政治家がいる(@niftyニュース/読売)

>自民党の二階幹事長は10日訪韓し、木浦市の「金大中キムデジュンノーベル平和賞記念館」を視察した
>歓迎式典も開かれ、二階氏は「韓国と日本は一番の友好国であることを互いに後世に伝えていかなければならない」とあいさつ、冷え込んでいる日韓関係の改善に意欲を示した。式典には二階氏と長年交流のある野党「国民の党」の朴智元パクチウォン・前代表も出席し、「不幸な歴史を反省し、消化するよう、今後の両国の友好関係を築くために努力する」と語った


「長年の交流」の過程で利権かハニトラか、何があったのかは知らん。しかし「日韓が一番の友好国」などということは、歴史上この方一度でもあっただろうか。まして今この状況で日本が韓国に言うべき言葉では少なくともない。

歪んだ反日教育を継続し、東京五輪招致では悪質な妨害工作を行い、思い付きで旭日旗に難癖をつけ、「日本海呼称」を執拗に攻撃し、「慰安婦合意」を反故にしようと画策し、竹島を一方的に不法占拠し、窃盗した仏像さえ返還せず・・。

そんな国に言うべき言葉はただ一つ、「大概にしておけ。これ以上日本に甘えるな」ということだけだ。二階がどう思おうと、少なくとも俺はあの国を友好国とは一切思っていない。自民党も「大概にしておけ」。
posted by 三四郎 at 15:53| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

それもいい

マスゴミと無能野党が必死に政局化の道具としている感のある「加計学園騒動」。政府はここにきて「怪文書」の再調査を決めたという(読売電子版)

>学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部の早期開設を「総理の意向」とした内部文書について、政府が再調査に追い込まれた
野党の追及や厳しい世論を受けての方針転換だが、与党内では、後手に回った対応に疑問の声も広がっている
>「徹底した調査を速やかに実施するように
>安倍首相は9日、首相官邸で松野文部科学相にこう指示した。政府は当初、「怪文書みたいな文書」(菅官房長官)と一蹴。文科省は調査で「文書の存在は確認できなかった」と発表し、再調査は「必要ない」(松野氏)と正面から向き合うことを避けてきた
>だが、新たな証言やメールの存在が次々と明らかになり、風向きが変わった。5月25日に前川喜平・前文科次官が記者会見し、「文書は確実に存在していた」と証言。6月2日には民進党が、文科省が内閣府から獣医学部の早期開設を求められた文書を省内で共有したことを示すメールの写しを入手したと発表した


何やら政府が追い込まれたように書いているが本当にそうなのか。確かにこれまで一蹴してきた対応を180度変えたわけだが、そもそも出所不明の誰でも捏造しうる「文書」についていちいち対応していては際限がない。

仮にその文書が実在するとすれば、文科省の誰かが漏洩したことになる。それはそれで役所としても守秘義務違反が問われる。しかも内容はといえば、官邸が文科省に進捗を促す体のもので違法性を感じさせるものはどこにもない。

安倍首相との関連も全てが憶測の域を出ないもので、国会も行政も時間とマンパワーが限られている中、「政局」狙いの怪文書に政府が「正面から向き合うことを避けてきた」のはある意味当然だろう。

が、執拗な反安倍スクラムの前に不信感を増幅させる国民も一定数いるのだろう。であればこの際「徹底した調査を速やかに実施」し、文書の存在だけでなく、その内容や背景について過去政権との関連も含め白日の下に晒すのがよかろう。

誰が本当に困ることになるのか、政権はある確信をもって臨んでいるのではないか。俺としても注視していきたい。
posted by 三四郎 at 17:27| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

と言われても

ロンドンでまたテロが発生し7人が死亡した。折しも先のテロで自身のコンサート会場が舞台にされた米人気歌手が、チャリティーコンサートを開催していた中でのことだ。

相次ぐテロに対するロンドン市長の対応をトランプ米大統領が批判しているらしい(時事電子版AFP)。

>トランプ米大統領は4日、ロンドンでのテロ事件を受け、ツイッターに「テロ攻撃で少なくとも7人が死亡、48人が負傷したというのに、ロンドン市長は『怖がる理由はない』と言っている!」と書き込み、カーン市長を批判した。カーン氏はイスラム教徒初のロンドン市長
>また、言動から差別や偏見を排するよう努める「ポリティカル・コレクトネス(政治的公正)」について「もうやめて、自国民の安全に本腰を入れなければならない」と投稿した。
>AFP通信によると、市長の報道官は「市長には、事情が分かっていないトランプ氏の投稿に反論するより大事な仕事がある」と述べ、相手にしない考えを示した

>ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は4日、英ロンドン(London)で3日夜に発生した襲撃事件の直後に冷静さを呼び掛けたサディク・カーン(Sadiq Khan)市長に対し、テロの脅威を甘く見ていると批判した。これに対しカーン市長は、トランプ氏の発言に反応するよりも「もっと大事な仕事を抱えている」と取り合わなかった
>ロンドン橋(London Bridge)で3人の襲撃犯が車で歩行者をはね、その後バラ・マーケット(Borough Market)で複数の人が刃物で刺されるという事件が発生した数時間後、カーン市長は英BBCに対し、市民や来訪者らへのメッセージとして「きょうは冷静に警戒してほしい。武装警官、制服警官を含め、多くの警察官の姿を目にすると思うが、そのせいでおびえる理由はない」と語っていた


まぁ、いつものトランプ節ではある。2つの記事は微妙にニュアンスがことなり、前の記事では「テロそのものを恐れる理由はない」と言っているようにも聞こえるが、後の記事からは、「テロを警戒する警官の姿を見ても恐れる理由はない」と受け取れる。

いずれにしても市長なりにロンドン市民に冷静さを保つよう呼びかけているわけで、行政の長としてはまあこうも言うだろうな、という感じはする。

しかし一方、俺がロンドン市民ならやはり不安は拭えない。集会場や公共交通機関のどこで何が起こってもおかしくない雰囲気だ。

イスラム系の人々を隔離したり入国を拒絶したりすることには反発も予想されるので、あまり強硬な手段はとれないだろうが、何らか具体的な断固たるメッセージと措置は市としても必要だろう。「テロを甘く見てはいけない」というトランプ氏の発言は一理も二理もある。

『市長には、事情が分かっていないトランプ氏の投稿に反論するより大事な仕事がある』、それはそのとおりだが、その「大事な仕事」を不安を抱えた内外の人々に説明してほしいものではある。
posted by 三四郎 at 08:09| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

国連詐欺商法

少し前に「国連特別報告者」なる何とも半端な肩書をもった人物が、日本の「テロ等準備法案」に対して内政干渉ともとれる批判を展開したが、これについて国連事務総長が「報告は個人の立場でなされたもので、国連の総意ではない」と立場を明確に説明したようだ(産経電子版)

>安倍晋三首相は27日午前(日本時間27日夜)、タオルミナ市内で国連のグテレス事務総長と会談し、慰安婦問題に関する日韓合意について日韓双方が履行することの重要性を強調した。グテレス氏は合意に「賛意」と「歓迎」を表明した。首相がグテレス氏と会談するのは今年1月の事務総長就任後、初めて
首相は、日本政府が国際組織犯罪防止条約締結に向け「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の今国会成立を目指していることを説明。グテレス氏は改正案を批判した国連特別報告者のケナタッチ氏について「特別報告者は国連とは別の個人の資格で活動しており、その主張は必ずしも国連の総意を反映するものではない」と述べた
>核・ミサイル開発を進める北朝鮮も話題となり、首相は北朝鮮に影響力を持つ中国をはじめ関係諸国による圧力強化の必要性を強調した。グテレス氏は北朝鮮の行動を非難した上で「北朝鮮に対して圧力を強化するためのツールを国連安全保障理事会は有している。今後、関係国との間でも北朝鮮問題を真剣に取り上げる」と応じた


もともと「国連報告『者』」などと曖昧な職名が出てきた時点でこいつは信用ならないと俺は思った。加えて日本の国会で同法案の審議が山場を迎えているタイミングである。反日・反安倍勢力の援軍でしかないとは誰しも容易に想像がつく。

民進党を筆頭に、この怪しい人物の怪しい批判を「国連」という錦旗の下に利用してきた連中は、この事務総長の言葉をどう受け止めるのか。

まあおそらく「蛙の面に小便」とばかりに黙殺するか、「総意ではないが批判はある」と開き直って強弁するかのどちらかだろうが。

それにしても反日勢力は、いい加減に「国連」を騙る便乗詐欺商法について、多くの国民が食傷気味になっていることにも気づいた方がいいだろう。
posted by 三四郎 at 09:32| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする