2016年12月17日

最悪の選択

一部メディアの報道によれば、日本政府は「南京大虐殺」の世界記憶遺産登録への抗議として支払いを停止していた今年のユネスコ分担金を支払う方向でいるという(朝日電子版)

>政府は、支払いを保留していたユネスコ(国連教育科学文化機関)への今年の分担金を支払う方針を固めた。中国が申請した「南京大虐殺の記録」が世界記憶遺産に登録されたことへの反発を背景に、今年分を支払っていなかった。保留状態で越年した場合、国際法違反となることなどから、得策ではないと判断した
複数の日本政府関係者が明らかにした。日本の今年の分担金は約38億5千万円。支払いはユネスコ憲章に定められた加盟国の義務で、年内に支払う必要がある。しかし昨年、「南京大虐殺の記録」が世界記憶遺産に登録され、自民党議員の反発が強まったことなどから、政府は拠出金(約7億7千万円)とともに今年の支払いを保留。拠出金については11月に支払った
>政府関係者によると、憲章の規定上は未払いが2年を超えない限り、総会での投票権は失わない。ただ他の加盟国に反発が広がれば、透明性向上など日本が主張するユネスコ改革が停滞するとともに、日本政府が新たに登録を目指す世界文化・自然遺産や記憶遺産の審査にも影響が出かねないと判断した


何とも実に中途半端な対応だ。支払い停止の原因となった「南京大虐殺」記憶遺産問題は何も変わっていない。

「他の加盟国」の反発とは要するに当事者の中国もしくは反日連合の特定アジアを念頭に置いてのことだろう。日本は喧嘩に負けた、というより自ら拳を挙げておきながら勝手にひっこめたという、はたから見れば意味不明のヘタレもしくはピエロでしかない。

「国際法」というが具体的に何に抵触するのか。国連憲章というなら、そもそも不合理で一方的な登録に抗議した以上、それを許容する国連憲章に抵触する可能性は想定内でなければならないし、むしろユネスコの側に瑕疵ありとする立場であれば堂々と反論すればいいだけのこと。支払い停止を続けている米国をここは見習ってほしいものだ。

これでは中国の政治的影響を批判するつもりが、自国の利益のために分担金を人質に取ったというおかしな「実績」だけが残り、今後日本の「抗議」カードは著しく軽視されるだけだろう。

喧嘩を売って自ら降りるなど、おそらく最悪の選択というしかない。

posted by 三四郎 at 15:00| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

前進のしかた

この15日からプーチン露大統領が来日する。安倍首相との会談もセットされるがやはり注目は北方領土交渉であろう。

大勢の見えた終戦間際にソ連が一方的に日ソ不可侵条約を破棄して参戦し、火事場泥棒の如く北方領土を掠め取り占領して70余年がたつ。

この間、日ソあるいは日露平和条約の締結と絡めて領土問題が浮かんでは消えてきた。四島か二島か、一括か段階的かと甲論乙する中でここまできてしまったという感じだ。

そんな中、ある世論調査によれば「四島返還の継続交渉ができれば一部返還もやむなし」という意見が多数を占めているという(読売電子版)

>読売新聞社は2〜4日に実施した全国世論調査で、今月15日からのプーチン露大統領の来日を前に、ロシアとの北方領土返還交渉にどのような姿勢で臨むのがよいかを聞いた
「一部の島の返還を先に実現し、残りの島の返還交渉を続ける」が53%、「4島が一括して返還されるようにする」が25%、「一部の島の返還で決着させる」が14%の順だった。交渉が「一部返還」で終わることを容認する人は少数にとどまっている
北方領土問題を解決するため、ロシアとの経済協力を積極的に進める安倍首相の方針については、「評価する」65%が「評価しない」26%を大きく上回った。「評価する」との回答は、北方領土の「一部先行返還」を容認する人で71%、「4島一括返還」を求める人でも63%に上った


領土問題に妥協はあり得ないことは承知しつつ、俺もこの進め方が現実的で確実性が高いように思う。プロセスはともかく、いま現在多数の民間人が住まうこれらの島を実力行使で奪還することは現実にできるはずもない。

一方で西側の経済制裁によって疲弊したロシアとしては日本の資本や技術がぜひ欲しいはずだ。折しも米国はプーチンに融和的なトランプへと政権が移行する。何らかの「動き」を期待できるとすれば今は確かにいい機会だと言える。

問題はどのように「動かす」かだ。二島でも日本に帰属するとなれば完全主権のもとに統治しなければならない。ロシア軍の存在が残留することはあってはならず、日米同盟の例外にしてもならない。

「現実的」と「安易」とは違う。安倍首相には「名」だけとって「実」がないような交渉にはしてほしくなく、そこで妥協するくらいであれば結論を急ぐ必要はないと思う。半歩前進でもいいが、進む方向と進み方を間違えないでほしい。
posted by 三四郎 at 17:29| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

真珠湾慰霊訪問

今月下旬に安倍首相が日本の首相として初めて真珠湾を訪問し、米国戦没者の慰霊をする。このニュースについて国内外、いろいろな立場での意見があるが概ね肯定的だ。特定アジア系を除いては(Record China)

>2016年12月9日、環球網は日本の報道を引用して、「日本の市民団体が安倍首相を批判:真珠湾訪問は“ショー”、先に侵略した国へ行くべきだ」と題する記事を掲載した
>記事は、共同通信社の報道として、8日に歴史学者などでつくる「村山首相談話を継承し発展させる会」が国会内で集会を開き、安倍首相が今月下旬に米ハワイの真珠湾を訪問することに対して「ショー」だと批判したことを伝えた。国会議員ら約150人が出席した集会には、マレーシア華人などによる「第2次世界大戦歴史研究会」の幹部らも参加。同会の翁清玉会長は「日本軍はマレーシアなどで華人らを虐殺した。過去の問題は未解決だ」とした。他の出席者からは「日米同盟強化のための芝居は不要」など、批判的な声が上がったという
>安倍首相の真珠湾訪問をめぐっては、中国メディアが「戦争の加害者であるというイメージを薄めようとしている」と分析。中国外交部は「日本の軍国主義による侵略戦争で、アジアの人々は大きな傷を負った。中国には多くの弔うべき場所がある」などとコメントし、ネットユーザーからも「南京にはいつ来るのか?」といった声が寄せられている


嘘や出鱈目で固めた南京に出向くことなど論外だし、同盟国でもなく現在進行形で反日プロパガンダを垂れ流す敵性国家に「慰霊」ましてや「謝罪」などする道理はないが、それにも増して「国会内」で「国会議員ら約150人が出席した集会」というあたり、いかにも印象操作の臭いがする。特定アジア就中中共の意を受けた工作員による活動であることは多言を要しない。よほど日米の精神的和解と同盟強化を忌み嫌っているらしい。

オバマ氏の広島訪問への答礼とか、トランプ氏大統領就任前の実績作りとか、政治的外交的な意味はありすぎるくらいで、「ショー」といえば「ショー」であろう。

しかし日米両国にとってはいろいろな意味で象徴的な場所であり、そこで繰り広げられる首脳たちの言動の重みを考えれば重要かつ意義深い「ショー」になる。その意味で安倍首相がどのようなメッセージを発信するか注視したい。

ところで安倍首相に言いたい。

干戈を交えたかつての敵国にして現在の同盟国への慰霊は結構だが、祖国日本のために戦った英霊たちへの鎮魂と慰霊もどうか忘れないでほしい。

「アリゾナ」を訪問して靖国に参拝しないのは「慰霊」が衷心からのものではなく政治的な計算によるものということが、あまりにもあからさますぎるのではないか。それでは日米双方の英霊たちに対し礼を失することになりはしないか。

英霊は黙して語らず、ただ見守るのみだが、その視線に愧じることの無いようにしていただきたいものだ。
posted by 三四郎 at 17:56| 千葉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

日本の悲劇

民進党は年金改革関連法案の可決を受けて厚労相などの不信任案を検討しているという(読売電子版)

民進党の蓮舫代表は26日、年金改革関連法案が衆院厚生労働委員会で可決されたことを受け、塩崎厚労相の不信任決議案や丹羽秀樹委員長(自民党)の解任決議案の提出を含め、今後の対応を検討する方針を明らかにした
>山梨県韮崎市で記者団に語った。蓮舫氏は「いろいろな決議も当然視野に入れて、適時適切な対応をとりたい」と述べた


閣僚の発言やらを突っ込み続け、政策勝負の議論も自ら放棄し、挙句は「議論が尽くされていない」「強行採決反対」とプラカードを振り回して今度は不信任案ですか。本当にあんたたちは政治をまともに行う気があるのか?

いやしくも議員なら政策論争で正面から挑んでみよ。与党案が気に入らないのなら代案を出して与党の反論に耐えてみよ。それもせずに主張が通らねば不信任案提出では、我儘な子供と一緒だ。

本記事の表題はいつかも使ったような気がする。とは言え何しろ最大野党がこんな能力しか持てず、日本の国益を毀損することしか考えていないことを日本の悲劇と言わずして案と言おう。

自民党が驕っているというのなら、それをさせているのはあんたたちの無能さにあることをよーく自覚してほしいものだ。
posted by 三四郎 at 19:43| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

失敗の理由

何事も成功もあれば失敗もする。どちらも理由なしには起らない。特に失敗はそうだ。失敗の理由を謙虚に学ぶことが次に繋がる。しかしそれが分かっていない人たちがいるのもまた、世の常だ。

かつての民主党政権はまさに失敗の3年間であった。あれからさらに3年がたとうとしているが、民主党が変わったのは名前だけのようで、その本質は何ら変わっていないと感じるニュースがこれ(@niftyニュース/時事)

民進党の野田佳彦幹事長は19日、埼玉県朝霞市で開かれた党会合で、安倍晋三首相がトランプ次期米大統領と会談したことについて、「(トランプ氏と)基本的価値を共有できるか世界は慎重に見ている。安倍さんは焦り過ぎではないか」と指摘した
>野田氏は「今の大統領はオバマさんだ。いきなりトランプさんに会いに行くのは国際的な儀礼に反している」とも語った


かつてほどの勢いがないとはいえ、米国は未だ政治的、経済的、軍事的に超大国である。しかも日本にとってはそれら全てを事実上依存している現実があり、単なる「同盟国」では済まない関係にある。

その次期大統領は選挙期間中、日米同盟の根幹に触れる発言を頻発している。しかも日本政府との間にはパイプがほとんどない。価値観が共有できるかどうかに関わらず、次期大統領である以上は早期に関係を構築し、少しでも今後の日本外交に有利になるよう、良好な雰囲気を醸成しておくことが喫緊の課題ではなかろうか。

一国の首相が一民間人に会うことが禁じられているわけで無し、「儀礼」云々とはレベルの違う性格の会合である。そんな感覚だからあなたがたの政権は失敗したのだとなぜ気づかないのか。

ともあれ、民進党が政権に返り咲く可能性はこれでまた一段と遠のいたという意味では安心もするのだが。
posted by 三四郎 at 11:13| 千葉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする