2017年06月17日

ロンドンの深い闇

ロンドンの高層住宅火災は死者が70人に達するという。行方不明者も相当いるようで、火災としては近年稀に見る大惨事である。

ここは公営住宅で住民の多数が低所得者層だというから尚更悲惨だ。TV報道ではアラブ系と思しき市民が多く映っている。そのこともあって、政権に対する風当たりは強いようだ(@niftyニュース/TBS)

>ロンドンで起きた高層住宅火災で、地元メディアは犠牲者は70人以上に達するとの見方を報じました。一方、行政の対応に怒った住民など数百人が地元の役所になだれ込みました
>ロンドンの低所得者向け高層公営住宅で起きた火災では、これまでに30人の死亡が確認されていますが、複数の地元メディアは「犠牲者が70人以上に達する見通しだ」と伝えました
>こうした中、火災が起きた地区の役所に数百人の住民らが押し寄せました
>「正義を、正義を」(住民)
>住民らは以前から求めていた防火対策が施されなかったことや、改修工事で燃えやすい外壁が取り付けられたことが被害の拡大を招いたと抗議の声を上げ、低所得者が見殺しにされたと訴えました
>「多くの犠牲者を出した責任を誰かが負うべきです。これは殺人です」(デモ参加者)
>メイ首相は火災の被害者のためおよそ7億円の支援を行うと約束しましたが、訪れた避難所でやじを浴びる一幕もありました


メイ首相にとっては先の選挙での敗北に続いての「災難」でさしずめ「不幸の女神」にとりつかれたような感じだろう。

TV報道で件の外壁について説明していたが、可燃性の断熱材を耐火性の非常に低いアルミ外装で覆う工法が採用されていたようだ。今時こんな設計、施工など英国のような先進国では考えられない。

況して役所が供給する公営住宅である。当然英国にも建築に関する法律やガイドラインが整備されているわけであり、どこよりもこれらを順守しなければならないはずだ。しかももともと古い建築で、構造や防火設備の面で今日の基準からみれば不足や欠陥だらけだったらしい。

それがこの事故である。公営施設として性能をアップデートする努力を行政が怠ったことは明らかであり、外壁工事について言えばどこかでだれかが意図的に手抜き工事をしたのでは、と考えるのは自然なことだ。

今回の火災はその意味で人災ともいえ、改修工事のプロセス検証の結果次第では行政による低所得者層の切り捨てという醜悪な現実に直面しないとも限らない。

他国のこととはいえ犠牲者、遺族の怒りは想像に難くない。今はご冥福を祈るばかりだ。
posted by 三四郎 at 16:08| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

批判と責任

美容外科・高須クリニックの高須院長が、同院への誹謗中傷に対する反撃として、民進党の大西議員と蓮舫代表を提訴したらしい。その経緯についてご本人が説明しているインタビュー記事の中の、民進党に対する問題意識が激しく同感できるので一部引用する(@niftyニュース/NEWSポストセブン)

(前段略)
>高須:部下がやらかしたことに対して、トップが責任を取るのは当然のことだし、誰かを中傷したら反撃されるということをしっかりと知ってほしいと思う
国会での民進党の質問なんかを見ていると、とにかく何でもかんでも与党を批判すればいいと思っているように見えるんだよ。本質なんてどうでもよくて、批判して、足を引っ張ることが目的になっちゃっているみたいな
>そういう感覚で、与党批判を繰り返しているから、細かい事実関係を調べないで、自分たちが持っている偏見だけで発言しちゃう。それで、まったく悪くない僕を中傷してしまうという事態になったんじゃないのかな。ある意味、民進党が抱えている大きな問題が露呈したような気もするね
>大西議員がどういうつもりで発言したかは裁判で明らかになっていくところだと思うけど、誰かを攻撃したら、絶対に反撃されるっていうことをしっかり示さないといけないという気持ちも強い。やったらやり返されるっていうのが当たり前なのに、民進党はそこを忘れているんじゃないのかな。もしくは、気づかないふりをしているのかな?
>いま政府は憲法9条を改正して、自衛隊の存在を明記し、国際社会でしっかりと自立した国家になろうとしているところなのに、民進党はそれを拒んでいる。つまり、民進党は、日本は“反撃しない国”であるべきだと主張しているんだよ。反撃できない国なんて、未来永劫やられっぱなしになってしまう。それじゃあ日本はおしまい。それでいいわけがない
>ここでもし僕が黙っていたら、「攻撃しても反撃されないことがある」ということを示すことになってしまう。そんな民進党の思うつぼにさせるわけにはいかないよ。絶対に譲れないね
>──国会議員の国会内での発言は院外で責任を問われないという憲法51条によって、大西議員は守られるのではないかという声もあります
>高須:ただ、虚偽であることをわかったうえでの発言であれば、責任は問えるという最高裁判決もある。だから、僕は問題なく裁判で勝てると思っているよ
>それと、僕が提訴したことで憲法51条に対する問題意識が芽生えてくれたら、それはそれで有意義なことだと思うね。国会議員は国会の中では何を言っても大丈夫だなんて、普通に考えればそんなもの庶民は納得できないよ。この憲法51条についても、改正の議論があるべきだと思うね
>いずれにしろ、僕は最後まで戦って、しっかり勝つつもりでいる。相手が国会議員であろうがなんだろうが、40年かけて築き上げてきた高須クリニックに砂をぶっかける行為は許さない!


もともと似非リベラル系の野党に感じていたことであり、最近ますます強まってきた俺の中の民進党に対する軽蔑と忌避のが感情が、高須院長の一言一句に代弁されている。

俺だけでなく高須院長に同感し、その行動を支持する日本人は少なくないはずで、それが野党の波状的なネガキャン攻勢にも関わらず、安倍政権への安定的な支持となって表れている。

高須院長のように反撃しなければ相手はますます増長し傲慢になる。個人レベルでも国家レベルでも全く同じことで、民進党の議員のようなことを国家的にしているのが中韓である。

これを鑑として、プロパガンダであれ何であれ、悪意ある言論に対しては自らの言動にきっちり責任を取らせるという断固たる姿勢を、国家として日本は鮮明に示すべきろう。
posted by 三四郎 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

いまどき韓国旅行って

サヨク界隈や当事者の韓国人がいかに現実から目を逸らそうとも、朝鮮半島情勢が日々緊張状態にあるのは間違いない。こんな状況でもこの連休に呑気に韓国旅行しようという人々がいるらしい。

しかしあの国が観光目的としても魅力的ではないことはかなり前から旅行者や出張者の間では常識となっている。サービスは悪い、不衛生、ぼったくり、自然や史跡もこれといったものなし・・といった具合だが、日本のメディアは概ねこれを伝えていない。

このほど中国メディアがその辺の事情を伝える記事を見つけた(@niftyニュース/Record China)

>2017年5月4日、央視網は記事「観光客を餌食とする韓国のぼったくり観光業」を掲載した
韓国では外国人観光客を狙ったぼったくりが横行している。まずはソウル・仁川国際空港のタクシーだ。メーターを使わず相場よりも高い金額を要求する、遠回り、さらには改造メーターで料金をつり上げるという手段が横行している。昨年8月から3月にかけて外国人観光客から67件もの苦情が寄せられた
>また最近流行の民泊だが、2016年には690軒余りの無認可民泊が摘発されている。値段をつり上げたり、ひどい条件だったりすることもしばしばだ。レストランでも韓国人向けとは別にぼったくり価格の外国人向けメニューが用意されていることもある
>こうした数々の問題が外国人観光客の旅行体験に悪影響を与えている。韓国政府が発表した調査報告書によると、2016年に韓国を訪問した外国人のうちリピーターの数は前年から6ポイントダウンの41%となった。平均滞在日数も6.5日から5日と短縮した。中国人の韓国旅行熱も冷めたようで、今年はゴールデンウイークの人気旅行先にランクインしていない


まあ、中国はTHAAD配備の一件で韓国に対して経済制裁を課している状況ではあるが、それを割り引いてもこの記事の内容は心当たりがある。俺は観光であの国に行ったことはないが、業務で7回ほどソウルにいったことがあるからだ。

海外出張では時間のやりくりがうまくいったとき、必ずぶらぶらと街歩きをするのが俺のささやかな楽しみなのだが、ソウルでは上の記事にあるような話を現地の韓国人ビジネスマンから何度となく聞かされていて、とても楽しむなどという気持ちにはなれなかった。だから食事も移動も、彼の地ではほとんど現地人といっしょだったものだ。

一度、明洞界隈や王宮あたりを散策したことがあるが、明洞はアメ横風の竹下通りといった感じでなじめず、王宮はまた再建した施設がどれも安っぽい造りで、金をかけてくるところではないと感じたものだ。

それでも親日国で人情もあるような国柄ならまだしも、筋金入りの反日国で、そのうえ外国人相手のぼったくり商法が美容整形並みに横行するようでは、日本人旅行者だとわかったら何をされるか知れたものではない。

どうせお金と時間を使いに行くなら、台湾や東南アジアなど親日的で異国情緒にあふれ、騙されるリスクの少ない国を選ぶのが常道というものだ。

といいつつ俺のこの連休は結局、家にいて家事とごろ寝とアマゾンビデオだったわけだが。
posted by 三四郎 at 11:29| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

反面教材

ヒトラーが著してナチス思想の聖典となった「わが闘争」について、政府は「有益適切なものである限り」、「校長や学校設置者の責任と判断で使用できる」との見解を示したという(時事電子版)

>政府は14日の持ち回り閣議で、ナチス・ドイツの独裁者ヒトラーの自伝的著書「わが闘争」の教材使用について、「教育基本法等の趣旨に従っていること等の留意事項を踏まえた有益適切なものである限り、校長や学校設置者の責任と判断で使用できる」とする答弁書を決定した。民進党の宮崎岳志氏の質問主意書に答えた
>答弁書では、「同書の一部を引用した教材を使用して、執筆当時の歴史的な背景を考察させる授業が行われている例がある」と紹介。その上で、「仮に人種に基づく差別を助長させる形で使用するならば、同法等の趣旨に合致せず、不適切であることは明らかだ」と指摘し、そうした指導があった場合は「所轄庁や設置者において厳正に対処すべきものだ」としている


このニュースを受けて、サヨク界隈、反安倍人士は「安倍政権の暴走」「教育勅語容認に続く暴挙」的なニュアンスで受け止め拡散している

だがちょっと待ってほしい。

上の時事の記事にもあるとおり、「人種差別を助長する形での使用」については不適切であり「厳正に対処すべき」と明言している。

つまりは歴史的な「負の遺産」を正しく研究し考察を加えて未来に同じ過ちを繰り返さないための「反面教材」としての使用ならば良し、としているにすぎず、極めて常識的回答ではなかろうか。

俺から見れば、この質問主意書を提出した民進党議員もサヨク界隈も、安倍政権に「戦争屋」「極右」というレッテルを貼りたいがために何とか極端な事例を持ち出して牽強付会的に印象操作をしてるとしか思えない。

そんなことはもうとっくに、国民に見透かされており、それが政権や各党の支持率として如実に表れているのだと、どうして思い至らないのだろうか。

この野党の体たらくこそ、今の日本の悲劇である。
posted by 三四郎 at 17:55| 千葉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

傲慢の犠牲

栃木県那須町で発生した雪崩による死亡事故の記者会見を見て、俺はこれが人災であること、しかも「傲慢」という最も忌むべき性質の犠牲であることを確信している(@niftyニュース/時事電子版)

>栃木県那須町のスキー場付近で、春山登山講習会に参加した高校生ら8人が犠牲となった雪崩事故は、3日で発生から1週間を迎える。分厚い積雪の中、雪崩注意報を知りながら、引率教諭が「絶対安全」と判断して実施された訓練が、惨事を招いた。全容解明に向け、県警は捜査を始めた
>◇講習会だから…
>栃木県では、県立高校が部活動などで標高1500メートル以上の山に登る場合、登山計画審査会でルートや装備を事前チェックする決まりだった。審査では過去の雪崩発生地点なども助言される
>講習会でも標高1915メートルの茶臼岳に登る計画だったが、主催した県高校体育連盟は「登山ではなく講習会」と位置付け、1963年の開始以来審査が必要と考えていなかった
>登山ではないとの意識は、雪崩に埋まった時に位置情報を発信する「ビーコン」を携行しなかった理由にも表れた。講習会の責任者だった県高体連登山専門部の猪瀬修一委員長(50)は記者会見で、「雪崩の危険が高いきつい冬山登山には必須だが、講習会ではそういうところには行かない」と説明した
>◇「経験則」繰り返す
>事故が起きた3月27日、猪瀬氏は登山経験の長い教諭2人と協議し、午前6時に登山中止を決定。同7時半ごろ、麓から積雪の状況などを確かめた上で、雪をかき分けながら進むラッセル訓練の実施を決めた
>「絶対安全であると判断して訓練に入った」と主張した猪瀬氏。理由として、以前も同じ場所で訓練をしていた点を挙げ、たびたび「経験則」という単語を持ち出した
>◇通報まで50分
>雪崩は午前8時半ごろ発生し、麓に近かった教諭が旅館内の本部に駆け込み猪瀬氏に伝達。110番は発生から約50分後だった
>連絡用に無線機があったが、猪瀬氏は本部の撤収作業をしていて約10分間、無線機から離れていた。登山中の教諭らは携帯電話も持っていたが、つながらなかった可能性がある
>「長い間やっていると、なれ合いというか、不用意な危機管理ということがあると思う」。30日の県高体連臨時理事会後、橋本健一会長(60)は反省の言葉を口にした
>◇全容解明へ捜査
>県警捜査1課などは31日、県高体連登山専門部の事務局がある県立大田原高校を家宅捜索した。安全管理体制の適否や、雪崩発生が予見できたかが捜査の焦点となる。捜査幹部は「調べる点はいっぱいある。一つずつだ」と語り、全容解明への決意をにじませた


「登山」であろうと「講習会」であろうと関係はない。相手は冬の山である。自然である。

「経験則」は参考にはできても所詮は人間の記憶に過ぎない。ましてや「安全」に関わることである。「絶対」などということはあり得ない。このような言葉が出てくること自体、彼らの意識がいかに傲慢であるかを物語っている。

愚かな「傲慢」の犠牲になった前途ある8人の高校生の冥福を今は祈るばかりだ。
posted by 三四郎 at 17:54| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする