2016年10月07日

想像力の欠如

瀬戸内寂聴という左巻きの老害作家がいる。この人物が死刑制度廃止の「人権擁護大会」に寄せたビデオレターでとんでもない発言をしていた(楽天ニュース/産経)

>日本弁護士連合会(日弁連)が6日、福井市内で開催した死刑制度に関するシンポジウムに、作家で僧侶の瀬戸内寂聴さん(94)がビデオメッセージを寄せ、死刑制度を批判したうえで「殺したがるばかどもと戦ってください」と発言した。会場には全国犯罪被害者の会(あすの会)のメンバーや支援する弁護士らもおり、「被害者の気持ちを踏みにじる言葉だ」と反発した
>日弁連は7日に同市内で開く人権擁護大会で「平成32年までに死刑制度の廃止を目指す」とする宣言案を提出する。この日のシンポジウムでは、国内外の研究者らが死刑の存廃をめぐる国際的潮流について報告。瀬戸内さんのビデオメッセージはプログラムの冒頭と終盤の2回にわたって流された
>この中で瀬戸内さんは「人間が人間の罪を決めることは難しい。日本が(死刑制度を)まだ続けていることは恥ずかしい」と指摘。「人間が人間を殺すことは一番野蛮なこと。みなさん頑張って『殺さない』ってことを大きな声で唱えてください。そして、殺したがるばかどもと戦ってください」と述べた
>瀬戸内さんの発言について、あすの会顧問の岡村勲弁護士は「被害者はみんな加害者に命をもって償ってもらいたいと思っている。そのどこが悪いのか。ばか呼ばわりされるいわれはない」と話した


死刑制度には冤罪被害者を巻き込むリスクもあるが、神ならぬ人間の贖罪行為として必要なものだと俺は思う。しかし反対意見を全否定するつもりもない。ただ反対するなら、殺人という人間として最大の犯罪を償い、同時に被害者とその遺族の無念を晴らし人格・人権を救済する制度を提案するべきだ。

その議論はさておき、この人物は僧侶としても作家としても資質を欠いていると言わざるをえない。会場にもいるであろう無念の気持ちを抱いた被害者に全く寄り添わぬばかりか、その意思を忖度しようとさえしていない。恐るべき想像力の欠如である。老い故のことだとすれば老害ここに極まれりである。

死刑存続論者をばか呼ばわりするなら敢えて言わせてもらう。あなたこそ「人権ばか」だ。
posted by 三四郎 at 16:01| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

秋刀魚の先取り

ぐずついた天気が続くが気が付けば9月も下旬、秋本番だ。俺にとり秋の味覚といえば筆頭は秋刀魚だ。焼きたての秋刀魚に大根おろしをこれでもかというほど載せてポン酢でいただく。これに辛口の日本酒があればいうことはない。

しかし最近、秋刀魚が妙に高い。単に気候や海流の影響で不漁なのかと思っていたがどうもそればかりではないようだ(読売電子版)

>秋の味覚、サンマが深刻な不漁に陥っている
昨年の水揚げ量は約40年間で最低水準だったが、今年はさらに減少する見通しだという。海流の影響とともに原因とみられているのが、サンマの回遊ルートにあたる公海上での台湾や中国の漁船による「先取り」。このままでは値段が高止まりし、庶民の味のサンマに手が届きにくくなる心配もあるため、水産庁は中台などと漁船数抑制で合意するなど対策に乗り出している
>東京都文京区の住宅街にある鮮魚店「魚鉄」。冷蔵ケースの中央には氷水につけられた生サンマが並ぶ。23日の店頭での値段は、北海道産が1匹300円(税抜き)、塩焼きは1匹350円で、例年より型が小さく、高めだという(以下略)


何てことだ。俺の楽しみまで中国の連中が邪魔するのか。台湾は友好国だが、秋刀魚となれば話は別だ。

彼らが秋刀魚をどう食するのか、それほどの需要がある魚なのかは知らないが、もし高値のものを日本向けに輸出なんてことがあるとしたら目も当てられない。公海とはいえ厳格なルールを設けこれを守らせねばならない。

まあ中国漁民など拝金主義の塊なのは珊瑚の一件だけでも周知のことだ。「ルールもご意見も無用」とばかり無法操業するやもしれぬ。水産庁の対策は無論必要だが、国柄や民度にも関係するだけに実効性が危ぶまれる。何かいい知恵はないものか。

秋刀魚なき酒は泪か溜息か・・。
posted by 三四郎 at 19:22| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

裸の王様

ドイツ・ベルリンの市議会選挙で「反難民」を掲げる新興右派政党が大きく票を伸ばし、難民に寛容な現政権与党は後退しているという(時事電子版)

>ドイツのベルリン市(州と同格)で18日、議会選挙が行われ、地元メディアによると、難民受け入れに反対する新興右派政党「ドイツのための選択肢(AfD)」が約14%を得票し、議席を獲得した。AfDは各州議会選で躍進を続けており、昨年以降ドイツに殺到した難民に対する国民の不満の大きさが改めて示された
>連邦レベルでメルケル政権に参加している社会民主党が第1党の座を守ったものの、得票率は約22%で、2011年の前回(28.3%)を大きく下回った。メルケル首相のキリスト教民主同盟も第2党を維持したが、得票率は前回の23.3%から約18%に低下。首相の難民受け入れ政策への市民の反発が影響したとみられる
>経済状況は良くないものの、ベルリンは自由や多様性を重んじる土地柄で知られ、移民に比較的寛容とみられてきた。AfDの首都での議席獲得は、「反難民」を掲げる大衆迎合的主張のドイツへの浸透を象徴する出来事と言える


日常生活が現に脅かされ、国内外でテロが頻発している中、政府が有効な対策を打ち出せない以上これを拒否するのは市民として当然であり、有権者の民意に他なるまい。

この記事に限らずマスゴミは「反難民」の主張を「極右」と位置づけ否定的なイメージを流布している。それを支えているのは安っぽい人道主義か自己満足の正義感、もしくは無責任な傍観者の視座でしかない。民主主義の基づく選挙結果を、自らの思想信条に沿えば「民意」となし、沿わなければ「大衆迎合」「ポピュリズム」とレッテル貼をする。

「反体制」「反保守」であることがジャーナリズムの神髄と妄信しているうちに、「体制」の対極にある「大衆」から遊離しているのに気づかない。傲慢かつ哀れな姿ではある。ネット時代の今日、「第四の権力」は今や「裸の王様」にしか見えない。
posted by 三四郎 at 08:37| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

隠蔽体質か職務怠慢か

東京豊洲市場の移転問題は莫大な費用増額のプロセスが不透明とされ小池知事が先ごろ延期を決定したばかりだが、ここにきて予想もしていなかった別種の深刻な問題が浮上している。都が公表した土壌汚染対策がそのとおりに為されていなかったというものだ(時事電子版)。

東京都の築地市場(中央区)の移転先とされながら、土壌汚染が懸念されてきた豊洲新市場(江東区)で、新たな問題が表面化した。食品を取り扱う建物の床下で汚染対策の盛り土が実施されておらず、都がこれまで議会やホームページなどで「敷地全体で実施」としてきた説明と大きく食い違う状況となっている小池百合子都知事は10日の記者会見で「間違った情報を与えることは、都政の信頼回復に逆行する。全都庁の職員を粛正したい」と強い口調で述べた
>なぜ、食い違いが生まれたのか。都の市場担当幹部によると、盛り土などの汚染対策は、2008年に専門家会議が実施を提言。しかし、この際は建物の地下に配管などを入れる空間を設置することは検討されなかった。その後、建物設計時に地下空間を設けることが決まり、その部分には盛り土は行わないことになったが、対外的な説明は以前と同じまま放置された
>こうした状況は、外部からの指摘を受け今月初めに判明した。幹部は「分かっていたら説明を変更していた」と弁明。地下部分はコンクリートの壁や床で囲まれているため安全性には影響ないとしつつ「専門家会議に説明していなかったのは問題だった」と話した
>小池知事は、外部識者による調査を行う方針だが、「あくまでも当局が責任を持ってこの問題をクリア(解決)しないと、また同じようなことが起こる」と職員にくぎを刺した


土壌汚染対策はこの移転計画において、技術的にも政策的にも最も重要なポイントの一つではないか。提言時の計画が変わり、パイプスペースを確保することで予定していたとおりの対策が取れなくなったのであれば、技術的な代案を策定しなければならず、その意味でも公表は必須のはずだ。

関係幹部の「分かっていたら説明を変更していた」とは非常に無責任な発言である。計画の最重要課題の一つである土壌汚染対策への影響をまともに把握、理解していなかったというに等しい。気づかなかったことが露見すれば当然厳しい責任問題になるだろう。それを見越しての隠蔽か、はたまたそれを含めての職務怠慢か。

小池知事にしてみれば就任早々のいきなりの重い課題にあったが、ある意味では移転延期に正当性が付与されるとともに、都庁改革や利権構造へのメスを入れるまたとない追い風になるやもしれぬ。

小池知事の今後の采配を見守りたい。
posted by 三四郎 at 17:00| 千葉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

低劣メディア

このところ何かにつけ劣化著しいマスメディアがまたやらかしたようだ。

一時「韓流あげ」でネット民を中心に反感を買い、「いやなら見るな」という態度に出て火に油を注いだ過去を持つフジテレビが、海外の「間違った日本」を調査するバラエティ番組で台湾の人を嘲笑するシーンがあったらしい(@niftyニュース/RecordChina)

>2016年8月16日、台湾・聯合報によると、日本のテレビ局が台湾を嘲笑する内容を放送した問題で、テレビ局側が謝罪した
>先日放送されたフジテレビのバラエティー番組「やっちまったtv」では、「間違い日本を徹底調査!台湾で捕獲パチモンGO」と題して、台湾で使用されている間違った日本語などを紹介し、出演者がそれを笑っていた
>その中の、彰化県の生がきを使ったかき氷を紹介する部分では、店頭に「かき氷」と書かれた紙が貼られている様子を映し、出演者からは「ばかじゃないの?」というコメントが出ていたが、実際にはこの紙は日本の制作側が貼ったものだということが発覚。同かき氷店の荘さんは後にその意味を知って怒りを覚えたと語った
>荘さんは11日、SNSで「やっちまったtv」のプロデューサーから送られてきた謝罪文を公開。謝罪文には取材への協力に対する感謝とともに、「番組はただ間違った日本語の看板を取り上げたもので、台湾を否定する意図はなかったが、番組によって台湾の人々の感情を傷つけてしまったことを申し訳なく思う。今後は番組制作に気をつける」などと記されていたという
>しかし、荘さんは個別の謝罪には納得しておらず、「日本のネットでも『日台感情を傷つけた』という批判があったと聞いている」とし、もはや自身が謝罪を受け入れるか否かという問題ではないとの考えを示している


これは悪意的な「やらせ」以外の何物でもなかろう。「やらせ」は言ってみれば「捏造」である。国内でもこんなことは許されることじゃない。しかも外国を取り上げた番組であり一つ間違えば国際問題になる。意図的な捏造報道が国家国民相互の抜きがたい不信に繋がり、大きく国益を損ねることは朝日新聞の「従軍慰安婦報道」を思い起こせば十分だろう。

海外における「間違い日本」を調査検証すること自体が悪いのではない。行き過ぎた商業主義や政治的プロパガンダなど、動機・目的が何であれメディアとしてウソ・捏造は許されないということだ。こんなことは子供でも分かる。どちらが「やっちまったtv」だか。シャレにもならない。

こんな愚にもつかない「間違い」を取り上げるよりも、韓国や中国に行って「慰安婦像」や「南京大虐殺」に含まれる大間違いを追及することこそメディアたるものの務めではないか。やはり「小悪(でさえないが)には強く巨悪には弱い日本メディアの伝統なのか。

こんなメディアは要らない。さっさと廃業させるべきだ。
posted by 三四郎 at 09:57| 千葉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする