2017年03月12日

幸福回路全開

韓国の朴大統領が正式に弾劾、罷免された。これを受けて韓国では賛成派反対派それぞれに「祭り」状態で死者まで出ているようだ。

しかし韓国民の幸福回路は全開のようで、ゴネとごり押しで大統領を引きずり下ろした行動が「成熟した民主主義の勝利」として受け止められ、この騒動を伝える日本の報道に対し「羨ましいはず」「日本も学べ」という頓珍漢なコメントがネット空間を飛び交っているという(@niftyニュース/RecordChina)

>2017年3月10日、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の罷免が決定したニュースは日本でも速報を含め大きく伝えられ注目を集めているが、この日の日本の主要紙がそろって夕刊1面でこれを報じたことについて、韓国のネットユーザーが歓喜の声を上げている
>韓国・聯合ニュースは同日、朝日新聞、日本経済新聞、読売新聞、東京新聞など日本の主要各紙の10日付夕刊1面を並べた写真を掲載し、「大統領 弾劾/日本の夕刊1面を飾るトップニュースに」とのタイトルで報じた。写真キャプションには「憲法裁判所の朴槿恵大統領の弾劾決定を、日本の夕刊各紙が『朴大統領 罷免』の見出しで一斉に1面トップで報道した」などとある
>これに韓国のネットユーザーが注目、さまざまなコメントを寄せているが、その中で最多の共感を集めたのは「国の格が上がりました」と歓喜するもの。他にも「これがまさに韓国国民の力だ」と罷免決定を成し遂げた庶民の力を誇る声が多く、「日本人にはできない芸当だろうな」「日本国民は成熟した大韓民国の国民意識を見て学びなさい!」「どうだ、日本とは違うだろ?」「日本人はうらやましくてたまらないはず。日本の民主主義は終わってるからね」など日本を上から見たコメントも目立つ
>また、「日本のメディアは韓国のことが気になって仕方ないみたいだな」「久しぶりに韓国国民であることを誇らしく思った。世界の人たちが見てるかな?非暴力で事を成し遂げた国民の力を」「当然、世界的にも海外ニュースのトップに決まってる」と、日本や海外メディアでの扱われ方を気にするコメントもみられた
>朴氏罷免が決まったことで、「(朴政権が進めた)慰安婦合意を破棄しよう」とのコメントも出ているが、今後日韓関係はどうなっていくだろうか


こんなばか騒ぎを羨んでいる日本人など一部の頭の悪いサヨク界隈くらいのものだろう。大方の日本人は呆れている。一国の元首が弾劾・罷免されるというのはよほど素養の悪い指導者か、国家的に重大な不正を働いた場合に限られよう。発展途上国ではよくあることだが、きちんと民主主義が機能した一定民度の先進国ではまずありえない。

そもそもそんな大統領を選んだのは国民自身であろう。このような異常な形で国を混乱状態にしてまで大統領を罷免させざるを得なかった自らの責任を感じ、不見識を愧じるべきではないか。日本はそれに比べてどうだとか言うが、そもそも日本の政権支持率は超安定状態であり比較の対象にならない。

しかも韓国にとりこれですべてが良くなるわけではない。むしろこれからが本当の茨の道になる。「東アジアのバランサー」を気取った蝙蝠外交は周辺国との軋轢を生んで行き詰まり、経済制裁を受けてただでさえ疲弊状態の韓国経済はいよいよ崖っぷちだ。

これまで何くれとなく甘やかしてくれた日本との関係は、自らが蒔いた種でかつてないほど冷え切っている。米国は米国で「次に誰が大統領になろうとも建設的な関係を築くべき」と、聞きようによっては「同盟国らしくしていろ」と釘をさしている。通貨スワップにはそもそも「メリット無し、他国との公平性の問題もある」として消極的だ。

とても浮かれている場合ではないはずだが、大統領候補者はどれもこれも強気一辺倒の発言で、それがまた国民の快哉を読んでいる。火に油を注ぎ合っている状態だ。

確かにこんな国難の時に「おれたちって成熟してるよな」と自己満足に浸れる精神構造は、ある意味羨ましい。同時につくづくと韓国人でなくてよかったと思うばかりだ。
posted by 三四郎 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 異文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

混沌か怠惰か

韓国メディアが鳥インフルエンザの対応について日韓政府の動きを比較し、安倍政権を評価している(楽天ニュース/産経)

韓国全土で高病原性鳥インフルエンザウイルスが拡大、鶏などの殺処分は2500万羽に達した。過去最悪の被害となり、卵価格の急騰で庶民の食卓を直撃している。韓国メディアは、同時期に鳥インフルが発生した日本の対応を「迅速だ」と称賛。朴槿恵(パク・クネ)大統領の疑惑をめぐる混乱もあり、後手に回った韓国政府の対応を痛烈に批判している
>「日ごとに卵の値段が上がる。こんな経験は初めて。今後が心配です」。ソウル市内で製パン店を営む女性はこう顔を曇らせた
>特に産卵鶏の被害が深刻で24日現在、約1700万羽が殺処分された。韓国の産卵鶏の4羽に1羽が消えたことになる。産卵鶏の親の種鶏に至っては4割以上が殺処分された
>卵の小売価格は、先月に比べ約25%急騰。卵を多く使う製パン業界への影響が大きく、最大手パンチェーンが一部商品の生産中止を決めた。大手スーパーでも1人1パックに販売を制限し、それでも品切れになる店があるという。料理から卵を抜く飲食店も現れた
>韓国各紙は「鶏卵大乱(ケランテラン)」との見出しで日々その深刻さを報道。韓国政府は、生卵の緊急空輸を決めるとともに、買い占めや売り惜しみがないかも調査する
>このペースで感染が広がり続ければ、殺処分は5千万羽に上ると予測する専門家もいる。過去最悪だった2014年の殺処分約1400万羽をしのぐ被害をもたらしたのは初動対応の後れだ。黄教安(ファン・ギョアン)首相が政府の防疫対策室を訪れたのは11月25日。家禽の大量死が報告されてから約10日が過ぎていた。警戒レベルを最高に引き上げたのは約1カ月後だった
>韓国メディアが注目するのは、日本政府との対応の差だ。青森、新潟両県で11月28日に感染が確認された約2時間後の深夜には、官邸に情報連絡室が設置され、安倍晋三首相が「防疫の徹底」を指示。翌未明までに殺処分に着手した。韓国紙は「電光石火のごとく動いた」と伝えた。日本では、農林水産省によると今月23日現在、殺処分は約97万羽にとどまっている
>韓国では朴大統領をめぐる疑惑が拡大し、国政がまひしていた。鳥インフルへの対応の遅れについて、中央日報は「コントロールタワーが消えた現政権の問題点を見せる事例だ」と指摘。朝鮮日報は社説で「改めて『失敗した国』の姿を見た」と批判している


確かに今の韓国は国政が混乱し破綻状態にある。そのために初動対応が遅れたというのは一定の事実ではあろう。

しかし鳥インフルエンザは今回初めて発生したわけではない。その危険性や影響の大きさは行政として実務者レベルでも把握していたはずだし、それに対するハード、ソフト両面からの備えはしていなければならなかったものだ。

韓国の「鶏卵大乱」はそれが疎かにされていた証に他ならない。過去の教訓に何ら学んでいなかったわけである。レベルや内容の差はあれ、遠くは李王朝末期の政治的混乱や近くはセウォル号転覆の悲劇さえ、司令塔不在の中でも中堅官僚や行政機構が盤石であれば回避ないしは極小化できたものではなかったか。

行政の怠慢という誹りを免れるものではないが、日韓の対応の差は国民意識の上に立脚した基本動作の差であり、詰まる所国民性の差である。トップ不在による国政の麻痺状態は言い訳に過ぎない。

『コントロールタワーが消えた現政権の問題点を見せる事例』『改めて『失敗した国』の姿を見た』と、愚弟的な提言をするでもなく、どこか傍観者めいた諦念的な記事の書きぶりが、あの国の「知識層」の本質を表している。

この国が世界をリードすることは永遠にないと思った。

posted by 三四郎 at 09:26| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 異文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

侮辱される理由

ロンドンの大学に留学中の中国人学生が、あろうことかエリザベス女王を刺す目的でバッキンガム宮殿に侵入し逮捕されたという(@niftyニュース/NEWSポストセブン)

ロンドンに留学中だった中国人学生がバッキンガム宮殿に侵入し、逮捕された。中国人留学生は警察の取り調べに対して、刃物を所持しており、「エリザベス女王を刺すつもりだった」などと供述しているという
>女王は今年5月に行なわれた園遊会の席上、中国の習近平国家主席らが昨年公式訪問した際の行状について、「あの人たちはとても失礼でした」などと公然と批判。留学生は、その報復のために宮殿に侵入したとの見方も出ている
>この留学生はシェフィールド大学に留学中の張航容疑者(25)。張は8月12日午後2時45分ごろ、宮殿の正門を乗り越えて、宮殿内に侵入したところを警備中の警察官に逮捕された。張容疑者は刃物を携行しており、取り調べで「中国のスパイに後をつけられている」などとの意味不明の供述を繰り返しているという
>さらに、宮殿に侵入した目的について、「エリザベス女王を刺すつもりだった」などとも話しており、警察では精神に障害がある可能性もあるとみて、精神鑑定を行う用意もあるという
>シェフィールド大学の広報担当者は「本学の留学生が起こした事案については留意している。しかし、現在公判中であることにも鑑みて、現段階では論評を避けたい」とのコメントを発表している
>しかし、ネット上では、張容疑者を知っているとする中国人留学生が「張はエリザベス女王が昨年秋に英国を訪問した習近平国家主席らの代表団について、『あの人たちは失礼でした』などと批判したことについて、『女王こそ、非常に失礼だ』などと怒っていた」などとの意見を書き込んでおり、張容疑者が女王に復讐するつもりだったとの疑いが浮上している
>しかし、張容疑者が宮殿に侵入した際、女王は公務で出かけており、宮殿にはいなかったことが分かっている
>これについて、英BBCは「張容疑者は刃物を持っていたが、それ以外の拳銃など攻撃力が強い武器は携帯していなかった。また、女王が不在だったことなどからも、計画的犯行とはいえず、たんなる思い付きだったとも考えられる。本当に女王を襲おうと思っていたかどうかは疑問だ」などと報じている
>また、張容疑者が精神的に問題がある可能性も否定できないことから、警察当局は慎重に捜査を進める方針だ
>だが、中国のネット上では「いずれにしても、女王は中国人を侮辱しており、何らかの代償を支払うべきだった」などとの書き込みもあった


この容疑者個人について言えば、いかにも短慮で留学先のホスト国への感謝の念すら持てない愚物だが、あるいは記事にもあるとおり精神に異常があったのかもしれない。慣れない異国の地での生活はストレスの連続だろう。精神的に不安定になっていた可能性はありうる。

俺が違和感を覚えるのは末尾の中国ネットユーザーの意見だ。いかに祖国の代表が批判されたとはいえ、それは女王の偽らざる感情の吐露である。なぜそう批判されるのか自省すべきところを「代償を支払え」とは何という傲慢さか。

仮に安倍首相が外国の元首から「無礼者」呼ばわりされたら日本人として確かに不快に思うだろう。しかし同時に、首相側、日本側の態度対応に何か落ち度がなかったかと反省するだろう。いやむしろサヨクならば「批判されて当然、悪いのはアベ」くらいに思うかもしれない。

この種の同胞の愚かな行為、恥ずべき行為に対する反省や謝罪の欠片もなく、「相手こそが悪い」という自己中華思想が、逆に侮辱されいらぬ敵を作っていることに思い至らないのだろうか。まあだからあの国らしいともいえるが。
posted by 三四郎 at 10:13| 千葉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 異文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

あの国の文化ですから

韓国を代表する大企業サムスンの総帥が買春していたという一大スキャンダルが勃発した模様だ(@nifty/東洋経済)

>韓国を代表する人物に関する醜聞が明るみに出た。サムスン電子の李健煕(イ・ゴンヒ)会長が2011から2013年にわたって数回、買春を行ったという内容だ。報道した「韓国探査(調査)ジャーナリズムセンター」が運営する動画ニュースサイト「ニュース打破」によれば、情報提供者から動画と資料を入手、動画には李会長が数回にわたって若い女性数人を自宅や別宅に呼び、性行為を行っていたというものが含まれている
>しかも女性らを呼んだ住居の中には、借り主がサムスングループの高位幹部名義になっているものがあると指摘、会社ぐるみで李会長のこのような行為を助けたのではないかと報じた
>なお李会長自身は、2014年5月に心筋梗塞で倒れ、現在も病床に付している。今回の醜聞は倒れる以前のものだ
■複数の風俗嬢を自宅などに呼ぶ
>動画では李会長が直接女性を呼んでカネを手渡すシーン、仲介者と思われる女性と実際に呼ばれた女性らの会話など、実に生々しい。「ニュース打破」が入手した動画と資料では、以下の事実が明らかになっている。まず女性を呼び寄せたのは2011年12月から2013年6月まで5回であること。また呼び寄せた日時には、李会長が韓国国内にいたこと。呼ばれた女性は3〜5人で、動画から判断すればいずれも20〜30歳代の風俗業の女性で、1回呼び寄せるごとに約500万ウオン(約50万円)を手渡していたこと、などだ
>また、動画と資料の信憑性については、複数のプロに映像と声紋の鑑定を依頼、映像は合成などでねつ造されたものではなく、声紋についても李会長本人にきわめて近いという結果を提示し、信憑性が相当高いと「ニュース打破」は主張している


サムスンといえば日本でいうなら三菱や日立に相当する社格で、グローバルカンパニーにしていわば韓国のフラッグシップ企業だ。その代表がその地位にありながら複数回買春を行った、しかもそれが自宅や会社関係者名義の場所でというから常軌を逸している。

しかしあの国にあっては建前上は不道徳とされてもそれほど驚くべきことではないのだろう。実際俺は過去7回社用であの国を訪れたが、毎回ほぼ必ず、売春婦が待機するカラオケバーに連れていかれ、「女性」をあてがわれた経験がある。その都度「チップ」渡して帰らせたが、会社間のノンオフィシャルな「接待」として「買春」が当たり前の文化がある。

一方で、競り合い騙し合いの駆け引きも日常的な経営層であれば、商売敵や恨みを持つ者からハニトラを仕掛けられやすい環境ともいえる。この記事を見るにそういう臭いもかなり強そうだ。

それにしてもこのレベルの人間さえ抵抗なく買春を行い、或は売春婦が法規制に対して公然と(マスクと帽子で顔を隠してではあるが)「生存権を奪うな」とデモをする社会的素地はもはや文化と言うしかない。

こんな国に日本が「強制的に性奴隷にされた」と因縁を付けられるいわれはない。
posted by 三四郎 at 09:30| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 異文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

賠償ネタ探し

実にめんどくさい話だが要するに賠償の二重取り狙いか、韓国で広島・長崎の韓国人被爆者が韓国政府を相手取り、日本政府との賠償交渉に取り組んでいない、と賠償を求める訴訟を起こしたという(楽天NEWS/読売)

>広島と長崎で被爆した韓国人371人が16日、日本政府との間で被爆者の賠償問題の解決に取り組んでいないとして、韓国政府に1人当たり1000万ウォン(約100万円)の損害賠償を求める訴訟をソウル南部地裁など2か所に起こした
日韓間の賠償問題は1965年の日韓請求権協定で解決済みだが、韓国憲法裁は2011年8月、韓国政府が被爆者や慰安婦の賠償問題解決に向けた外交努力を怠っており、違憲との判断を示した。原告側は、憲法裁の判断を受けた韓国政府の取り組みは不十分であり、被爆者の人権を侵害していると主張している
韓国では別の被爆者79人も13年に同様の訴訟を起こしている


韓国政府が外交努力を怠るも何も、そもそもこの件については日韓請求権協定で外交的に決着しており、韓国側にさらなる努力をする余地などないのだ。結局のところ国際条約を無視して国民感情に阿る韓国司法の悪癖が問題の淵源だろう。

本来、日本への請求権は諦める一方、一義的に国民保護の責任を持つ韓国政府が見舞金なり補償金なりを支給するべきで、それを求める訴訟ならまだ理解できる。

しかしそうはならないのが韓国の被害者ビジネスだ。

日本政府相手では門前払いされるため「憲法裁の判断」という国内権威を盾にしてあわよくば韓国・日本両政府から、ダメでも韓国政府からだけでも賠償金を勝ち取ろうという算段だ。韓国人らしいといえばらしいが、モノの道理を弁えない(だからこそ司法が出鱈目なわけだが)浅ましさばかりが鼻につく。

一生やってろ。しかし日本に問題を持ち込むなとだけ言いたい。
posted by 三四郎 at 12:45| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 異文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする