2017年09月15日

制裁骨抜

今朝、北朝鮮がまたミサイルを放ち日本上空を通過した。ここまでくれば、世が世であれば完全なる戦争行為と見做され報復してもいいレベルである。

国連安保理が不十分とはいえ全会一致の制裁決議を採択した後だけに、何かしでかさずにはいられまいと思っていたが早速「排撃の姿勢」を見せてきた。実に分かりやすい行動である。

ところがこの狂暴な国と交戦状態にあり、最も厳しい態度で臨むべき当事国・韓国では、あろうことか800万ドルに及ぶ「人道支援」を検討しているという(日経電子版)

>韓国統一省当局者は14日、国連児童基金(ユニセフ)や世界食糧計画(WFP)を通じ、北朝鮮に800万ドル(約8億8000万円)の人道支援を検討していると明らかにした。実施するかどうかを21日に決定する。韓国政府による支援が決まれば2015年12月以来で、文在寅(ムン・ジェイン)政権下では初となる
>当局者によると、児童や妊婦を対象とするワクチン、医薬品、栄養支援事業を念頭にユニセフに350万ドル、WFPに450万ドルの供与を検討している。当局者は「人道支援は政治的状況と関係なく進めていくのが政府の基本的な立場」と説明。北朝鮮への圧力を強める国際社会の足並みを乱すことはないとの認識も示した。ただ「具体的な実施時期は、南北関係の状況を総合的に考慮して決める」としており、なお流動的な面がある
>人道支援の検討は日米両国などに伝えたとしている。国連安全保障理事会で北朝鮮制裁決議を採択した直後だけに、韓国内でも波紋が広がっている
>一方、菅義偉官房長官は14日の記者会見で「韓国政府は正式に発表しておらず、コメントは控える」としつつ「国際社会が結束して北朝鮮に対して明確な意思を示すなかで、北朝鮮への圧力を緩めかねない行動は避ける必要がある」と語った


よく韓国はここぞというときに常に最悪の選択をすると言われることがある。これなどもその典型で、およそ制裁の意義を理解していないか、確信的に北朝鮮を支援しているかのどちらかだろう。

もし本気で「人道支援は政治的状況と関係なく進めていく」と韓国政府が考えているとしたら、底なしの大バカ者というべきだ。

そもそも経済制裁は当該国を経済的に追い詰めることでその政治力を殺ぎ、民心を離反させて政策変更を迫るものだ。

その過程では当該国国民の生活、生命が脅かされる場面もあるだろう。だがそれこそ制裁の意義であり、そうすることで当該国の指導者が資金を核・ミサイル開発から国民生活に振り向けざるを得なくする効果も期待している。

その一方で「人道支援」などしていれば核・ミサイル開発の資金、生産財などのリソースは影響を受けず、技術を蓄えていくことになる。「人道」という体のいい言葉が独裁国家の膨張と軍拡を間接的に支援していることに他ならない。

そんなことが分からないとすれば韓国政府は度し難い愚物の集団であり、承知の上とすれば、南北は通じていると見做される。

面従腹背ではないが、「同盟国」の面をかぶりながら敵国の延命を助けるような国が一番厄介だ。誠に南北共に信用ならず、日本は隣国に恵まれないにもほどがある。
posted by 三四郎 at 13:43| 千葉 ☁| Comment(2) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

中露動向

振り上げた拳を下ろすどころか、腕を伸ばしきってもなお踏み台を使って上げ続ける北朝鮮。

挑発の度は高まる一方だが、これまで北朝鮮を利用し制裁に慎重な姿勢を続けてきた中国とロシアが、ここにきて米国が主導する安保理の対北制裁決議の協議に応じる構えだという(読売電子版)

>米国の国連代表部は8日、北朝鮮への追加制裁決議案の採決を行う会合を、週明け11日に開くよう安全保障理事会に伝えた
>ヘイリー国連大使の宣言通り、11日採決の意向を改めて表明したものだ。強力な制裁には慎重な中国やロシアも協議には応じる構えを示しており、決議案の修正も含め、米国は水面下の交渉を続けるものとみられる
>決議案に盛り込まれた新たな制裁は、北朝鮮への原油禁輸や北朝鮮からの繊維の輸入禁止、公海上での軍や海上執行機関などによる臨検措置――などが柱。資産凍結と渡航禁止の対象に金正恩キムジョンウン朝鮮労働党委員長を追加するなど、北朝鮮の強い反発が予想される厳しい措置が盛り込まれた


中露にとり北朝鮮は北東アジアにおける対米戦略の実質的な手駒である。そうやすやすと手放すはずがなく、かといって「飼い犬」が暴走し「狂犬」に変わることも望んでいなかろう。親分の手のひらの上で十分に喚かせ脅かさせる使い勝手のいいチンピラという役どころか。

しかしいささかこのチンピラははしゃぎすぎている。放し飼いも過ぎれば飼い主が非難され責任を取らされるので、生かさず殺さず程度に締めておこうという感覚に見える。

中国とロシア、どちらも腹黒さでは双璧を成す「大国」で全く油断も隙も見せられない相手だ。このペテン師たちがどのように北というチンピラを黙らせるか、あるいはその振りをさせるのか。歴史的茶番は続く。
posted by 三四郎 at 08:48| 千葉 ☁| Comment(4) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

二重基準

正直、政治家であれ実業家であれ芸能人であれ、ましてや一般人であれ、男女関係や不倫云々には興味はない。本業で結果をだしていれば勝手にすればいい、というのが俺の持論だ。もちろん自己責任でという前提と俺自身が巻き込まれなければ、という条件付きだが。

しかし民進党の山尾氏の場合は少し違う。

この御仁、保育行政に絡めた「日本死ね」問題で政権批判し、与党議員の不倫には厳しい態度であたってきた。その一方でガソリンプリカ問題では公金の不適切使用の疑惑を受けてきた。そこに今回の不倫騒動である。

他人に厳しく自分に甘い、というかだらしない。自己コントロールができず言動が二重基準に満ちている。政治家としても人間としても適格性を欠く。だから批判される。

しかもこの件については一方的に否定するばかりで何ら説明をせずに「離党」で幕引き逃亡を図っている(時事電子版)

民進党の山尾志桜里元政調会長(43)は7日、既婚の男性弁護士との「不倫」疑惑が同日発売の週刊文春で報じられたことを受け、離党届を大島敦幹事長に提出した。党内で10月の衆院3補欠選挙への悪影響を懸念する声が出ていたことに配慮したとみられる。前原誠司代表にとっては、山尾氏の幹事長起用断念に続く打撃となる
>山尾氏は離党届提出後、国会内で記者会見し、「誤解を生じさせる行動で、深く反省し、おわびする」と陳謝した。記者からの質問は受け付けず、一方的に会見を打ち切った。一方、「弁護士と男女の関係にはない」とするコメントを出した
>山尾氏は検事出身で、衆院愛知7区選出で当選2回。既婚で子どもがいる。昨年3月に民進党が結成された際、当時の岡田克也代表に政調会長に抜てきされた。国会では待機児童問題をめぐって安倍晋三首相を厳しく追及してきた
>前原氏は新執行部人事で、山尾氏を幹事長に充てることをいったん内定しながら断念、執行部入りも見送っている。党内では週刊誌報道を見越した対応との見方が強い


また渦中の相手である弁護士もなかなかのものだ(産経電子版)

>民進党を離党した山尾志桜里衆院議員(43)の不倫疑惑問題で、交際相手とされる倉持麟太郎弁護士(34)の妻が、8日放送の情報番組「モーニングショー」(テレビ朝日系)で、2人が密会したとされる日に倉持氏の勧めで病気療養のため実家に帰っていたと証言した
>不倫問題を報じた週刊文春によると、山尾氏は8月28日と31日に倉持氏の都内のマンションに宿泊。今月2日に名古屋市内のイベントに2人で参加し新幹線で帰京後、ホテルへ向かったとしている
>番組によると、妻は「私に一過性の脳梗塞の前触れが出ていた」と説明し、「主人の勧めもあって療養のために子供と実家に帰っていた」と証言。2人が密会していたとされる8月28日や31日には「(8月)中旬からいなかったので状況は分からない」と答え、実家から戻ってきたのが、2人が名古屋から帰ってきた今月2日としている
>このテレビでの証言に、ツイッター上では「絶対許せ無い。妻に対する背信行為」「病気療養中に密会を重ねるとか、これこそゲス不倫」「子供が可哀想だわ」といった批判の声が寄せられた


不倫密会をするために病身の妻を実家に遠ざけるとは、実に天晴なまでの下衆っぷりである。

全く引用してていやになる。取り上げる価値もないゴシップであることは重々承知しつつ、マスゴミに過保護にされてきた民進党、サヨク界隈連中のダブスタぶりに怒りがこみ上げ、同時にあきれ果てて北朝鮮情勢を差し置いて取り上げた。

それはそうと、前原代表は幹事長(代行?)に辻元議員を充てるつもりだとか。これまた叩けば埃まみれになりそうな人物が出てきた。まさに民進党は人材の宝庫だ。
posted by 三四郎 at 07:31| 千葉 ☁| Comment(5) | 管理人よりお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする