2017年03月12日

幸福回路全開

韓国の朴大統領が正式に弾劾、罷免された。これを受けて韓国では賛成派反対派それぞれに「祭り」状態で死者まで出ているようだ。

しかし韓国民の幸福回路は全開のようで、ゴネとごり押しで大統領を引きずり下ろした行動が「成熟した民主主義の勝利」として受け止められ、この騒動を伝える日本の報道に対し「羨ましいはず」「日本も学べ」という頓珍漢なコメントがネット空間を飛び交っているという(@niftyニュース/RecordChina)

>2017年3月10日、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の罷免が決定したニュースは日本でも速報を含め大きく伝えられ注目を集めているが、この日の日本の主要紙がそろって夕刊1面でこれを報じたことについて、韓国のネットユーザーが歓喜の声を上げている
>韓国・聯合ニュースは同日、朝日新聞、日本経済新聞、読売新聞、東京新聞など日本の主要各紙の10日付夕刊1面を並べた写真を掲載し、「大統領 弾劾/日本の夕刊1面を飾るトップニュースに」とのタイトルで報じた。写真キャプションには「憲法裁判所の朴槿恵大統領の弾劾決定を、日本の夕刊各紙が『朴大統領 罷免』の見出しで一斉に1面トップで報道した」などとある
>これに韓国のネットユーザーが注目、さまざまなコメントを寄せているが、その中で最多の共感を集めたのは「国の格が上がりました」と歓喜するもの。他にも「これがまさに韓国国民の力だ」と罷免決定を成し遂げた庶民の力を誇る声が多く、「日本人にはできない芸当だろうな」「日本国民は成熟した大韓民国の国民意識を見て学びなさい!」「どうだ、日本とは違うだろ?」「日本人はうらやましくてたまらないはず。日本の民主主義は終わってるからね」など日本を上から見たコメントも目立つ
>また、「日本のメディアは韓国のことが気になって仕方ないみたいだな」「久しぶりに韓国国民であることを誇らしく思った。世界の人たちが見てるかな?非暴力で事を成し遂げた国民の力を」「当然、世界的にも海外ニュースのトップに決まってる」と、日本や海外メディアでの扱われ方を気にするコメントもみられた
>朴氏罷免が決まったことで、「(朴政権が進めた)慰安婦合意を破棄しよう」とのコメントも出ているが、今後日韓関係はどうなっていくだろうか


こんなばか騒ぎを羨んでいる日本人など一部の頭の悪いサヨク界隈くらいのものだろう。大方の日本人は呆れている。一国の元首が弾劾・罷免されるというのはよほど素養の悪い指導者か、国家的に重大な不正を働いた場合に限られよう。発展途上国ではよくあることだが、きちんと民主主義が機能した一定民度の先進国ではまずありえない。

そもそもそんな大統領を選んだのは国民自身であろう。このような異常な形で国を混乱状態にしてまで大統領を罷免させざるを得なかった自らの責任を感じ、不見識を愧じるべきではないか。日本はそれに比べてどうだとか言うが、そもそも日本の政権支持率は超安定状態であり比較の対象にならない。

しかも韓国にとりこれですべてが良くなるわけではない。むしろこれからが本当の茨の道になる。「東アジアのバランサー」を気取った蝙蝠外交は周辺国との軋轢を生んで行き詰まり、経済制裁を受けてただでさえ疲弊状態の韓国経済はいよいよ崖っぷちだ。

これまで何くれとなく甘やかしてくれた日本との関係は、自らが蒔いた種でかつてないほど冷え切っている。米国は米国で「次に誰が大統領になろうとも建設的な関係を築くべき」と、聞きようによっては「同盟国らしくしていろ」と釘をさしている。通貨スワップにはそもそも「メリット無し、他国との公平性の問題もある」として消極的だ。

とても浮かれている場合ではないはずだが、大統領候補者はどれもこれも強気一辺倒の発言で、それがまた国民の快哉を読んでいる。火に油を注ぎ合っている状態だ。

確かにこんな国難の時に「おれたちって成熟してるよな」と自己満足に浸れる精神構造は、ある意味羨ましい。同時につくづくと韓国人でなくてよかったと思うばかりだ。
posted by 三四郎 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 異文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

黙祷

東日本大震災から今日でまる6年になる。決して短くない歳月だが、未だ2500人余の行方不明者がおり、12万人余り日常を取り戻せないでいるという。東北の地の完全復興はまだまだ遠い。

しかし日本国を俯瞰してみれば、東西南北が大混乱の国際情勢の中にあって、非常に安定し着実に発展、復興の歩みを続けていると感じる。震災当時の政権党は混乱の中で指導力を発揮できず被害を拡大させていた。それが野党第一党である今は、ただただ国会を混乱させている。結局彼らには国家を建設し運営する力がないことを見せつけている。

この6年間、良識の日本国民は何が本当で何が嘘かを見分ける力を付けてきたように思う。誰かのせいにせず黙々と持ち場を守りなすべきことをなすという、当たり前のことを続けていけばこの先も国が揺らぐことはない。今はただ黙祷するのみ。
posted by 三四郎 at 17:47| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

妄想のヒュンダイ

「日刊ヒュンダイ」の妄想記事も佳境に入ってきたようだ。何でも、安倍首相が現国会で「森友問題」を追及されて窮地に立たされている中、その「後釜」に一番近い位置にある麻生氏が「次はオレ」とばかりに「上機嫌」だと、「見えている」らしい(@niftyニュース/日刊ゲンダイ)

>「最近の麻生さんは機嫌がいい」――。安倍首相が「森友学園」疑惑で窮地に立たされているのと反比例するように、いきなり麻生太郎副総理が元気になっているという
実際、安倍首相が野党から厳しい追及を受けている、その後ろでニタニタと笑顔をみせている
>「麻生さんの機嫌がいいのは、安倍首相が倒れたら“ポスト安倍”は俺だと計算しているからだろう、と政界ではみられています。とにかく笑顔が絶えない。たしかに、いま安倍首相が退陣に追い込まれたら、後継は麻生さんになる可能性が高い。副総理だし、安倍首相が禅譲するなら麻生さんでしょう。大嫌いな石破茂氏や野田聖子氏には絶対に譲らない。麻生首相なら、安倍首相も政治力を維持できますからね」(自民党関係者)
麻生太郎氏の側近である鴻池祥肇元防災担当相の事務所から、森友学園との面会記録が流出したのも、安倍首相にダメージを与えるために意図的にやったのではないか、といったうがった見方まで出ている
>「麻生さんが元気になったといった話が飛び交うのは、“森友学園疑惑は安倍首相の致命傷になりかねない”と自民党議員が危機感を強め始めた裏返しです。これまでの大臣の疑惑とはインパクトが違う。石破茂さんも倒閣のチャンスと思っているのか、森友学園疑惑を問題にし始めています」(政界関係者)
>安倍首相が、かなり追い詰められているのは間違いなさそうだ


ヒュンダイ等サヨク関係メディアには、今の安倍内閣は「絶体絶命」に見えるようだ。しかしどこをどう捉えたらそう見えるのか、俺には理解できない。

そもそも今回の「スキャンダル」を安倍首相に結び付けるのはかなり無理がある。野党が繰り出す「証拠」「証言」も解釈次第でどうとでも取れる曖昧なものばかりだ。むしろ民進党の松原議員など身内が関与しているととれる写真等が出回り、壮大なブーメランが飛び交い始めているという印象を受ける。

それゆえにこそ、民進党や共産党も「道義的責任」などというしかない。つまり法的な責任は追及できないことを認めているのだ。こんな茶番を国民はいつまで見せられなければならないのか。

実際、「インパクトが違う」スキャンダルという割には、安倍政権の支持率はほぼ安定している。つまり国民は全て「お見通し」なのだ。内外の山積する政治課題がありながらそれらへの議論を放擲し、怪しげなスキャンダルで政権転覆だけを狙う野党の無能さ卑しさを。

これでテロ防止法改正案が成立した暁には「議論する時間を与えなかった」として政権批判を展開するだろう。つくづくこんな野党はいらない。
posted by 三四郎 at 11:32| 千葉 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 管理人よりお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする