2017年11月04日

紅組宣言

中国とTHAADの軋轢を何とか取り繕い、事実上「レッドチーム」入りしている韓国の文大統領が、対北朝鮮に備える日本の対応について難癖をつけている(読売電子版)

韓国の文在寅ムンジェイン大統領は3日、シンガポールのテレビ局との会見で、「日本が北朝鮮の核を理由に軍事大国化の道を歩むとすれば、望ましくないことだ」と述べ、日本政府をけん制した
>文氏は北朝鮮問題への対処には、中国との関係強化も必要だとして「均衡ある外交」を主張した


隣国北朝鮮が軍事挑発を繰り返すなか、中国の反発を受けながらもミサイル防衛を強化してきた韓国。常識的に考えれば、米国を介しながらも日本は「準同盟国」と言うべき国である、はずだ。

この時期、韓国は折に触れ北朝鮮や中国に牽制をすることはあっても、「日本を牽制」するなどとは合理性が無く理解に苦しむ。

つまるところ、そのこころはふたつ、紅組の一員として中国・北朝鮮の意図を代表して述べたものか、はたまた日本による「再びの半島侵略」という妄想を本気で恐れているのか。

文大統領の政治姿勢から前者の色が濃いと言えるが、多分に妄想の域を出ないながら後者もそれなりにあるのだろう。

第二次大戦後の日本の国際的影響力や立ち位置、指向を思えば、再び時代遅れの拡張主義に捉われて近隣諸国に軍事的進出を行うなどあまりにもハイリスクローリターンすぎる。

とりわけ朝鮮半島に関して言えば、過去この地域に関わることで日本は損失を蒙りこそすれ得たメリットなどゼロに等しい。「八紘一宇」という高邁な理念を掲げて臨んだ併合後の統治などほぼ日本の持ち出しで終った。のみならず恩をあだで返され続けている。

いまの日本には歴史の道化師を繰り返す理由はなく、朝鮮半島にはその価値もない。日本の領土、国民の生命・財産が脅かされぬ限り、半島内の揉め事は勝手にやって勝手に滅べばいいだろう。

ただし降りかかる火の粉はきっちり払わしてもらう。韓国が「望ましい」と思うかどうかなど関係はない。紅組宣言した以上、それなりの覚悟を持っておいてもらいたいものだ。
posted by 三四郎 at 15:32| 千葉 ☀| Comment(2) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

捏造七分

朝日新聞グループといえば、「従軍慰安婦」を筆頭に「サンゴ報道」など俺の中では親サヨク・特定アジア系のフェイクニュースを垂れ流す似非報道機関という認識だ。

ところが何と北朝鮮がテレ朝を名指しで「虚偽報道」と批判したという奇観が見られたから世の中は分からない(@niftyニュース/グローバルニュースアジア)

>2017年11月2日、朝鮮中央通信WEBサイトは社説として、テレビ朝日を非難する記事を掲載した。タイトルは「日本にはなぜ虚偽報道が必要だったのか 朝鮮中央通信社論評
>記事は『今、日本が米国の対朝鮮圧殺策動に便乗して日増しに卑劣で幼稚に振舞っている
日本当局は先日、テレビ朝日を押し立ててわれわれの豊渓里核実験場で「坑崩壊」現象により数多くの人が死亡したとし、崩壊の原因は「核実験によるもの」と判断されるとの虚偽報道、謀略ニュースを報じるようにした。(中略)
>米国にこびへつらって軽率に振る舞う日本の反動層は、最上のレベルに達したわが共和国の戦略的地位と現事態をはっきり見て、むやみにわれわれに言い掛かりをつけて無分別に振る舞ってはならない
>もし、島国に敵撃滅の砲火が降り注がれて想像を絶する破局的災難がもたらされる場合、大勢をわきまえず謀略宣伝に執着してきた日本のテレビ朝日の卑劣な行為も厳しく計算されるであろう』などと伝えている


この事故のニュースは確かに朝日以外の内外メディアが取り上げていた記憶はないし、その後の続報もないようだ。あの国なら事故が起きたとしても隠蔽するだろうし、これを報じるメディアに厳しく反応することもあり得る。

真偽のほどは不明ながら、北朝鮮とテレ朝という、どちらも信用度が無きに等しい似非国家、似非メディアが絡み合う構図が何ともグロテスクでシニカルだ。

ただ社説の最後の一文「大勢をわきまえず謀略宣伝に執着してきた日本のテレビ朝日の卑劣な行為」は戦時下の朝日新聞そのものの姿を彷彿とさせる鋭い洞察に満ちた指摘であり、思わず苦笑を禁じ得なかった。

捏造七分に歪曲二分で事実が一分、北も朝日もそうして国民や読者を惑わし世論を誘導してきたのだろう。この泥仕合の行方が興味深い。
posted by 三四郎 at 14:35| 千葉 ☀| Comment(2) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

既視情景

総選挙が終わって一週間たつ。安倍自民党が野党・マスゴミ一体となった「モリカケ」のネガキャンにも拘わらず、ほぼ現有勢力を維持したことは想定内ながらまず完勝といっていい。

そんな中、この一週間の野党、とりわけ希望の党における「総括」ほど見苦しく浅ましい見ものはかつて無かった。

小池新党「希望の党」がボロ負けした理由は多々あるだろうが、マスゴミは小池氏の「排除の論理」をその主たる理由に挙げ、小池氏自身も「言葉がきつかったかもしれない」と釈明している。

しかしそれは事態を矮小化して本質から目を逸らしているというものだ。希望の党の失速は「小池発言」や「排除の論理」ではない。政界無能集団の代名詞である民進党の議員が大挙して押し寄せ、新党が彼らの隠れ蓑に成り下がったことを国民は良く理解していたというところではないか。

そもそもある政党に参加、合流する以上、理念が一致し政策に合意できることが大前提だ。政治の世界ばかりではない。事業であれ趣味の世界であれ、人間が徒党を組むときは少なくとも考え方や行動規範などのベクトルが一致していなければならない。

ところがこの当たり前のことが民進党出身者にはわからないらしい。もともと民進党はよく言って「寄り合い所帯」の「選挙互助会」である。「当選すること」「議員であること」が価値の基本にある。だから理念も政策もヘチマもない。従ってまともな政策提言ができず政権批判しかでてこない。

そういう連中が「踏み絵」を踏まされてとはいえ、小池人気にあやかろうと納得づくで希望の党に「希望をもって」合流したはずだ。

ところが結果は周知のとおり惨敗といっていい。

そして自ら勝手に押しかけ合流しておきながら、悪い結果となるや手の平を返し、自らの無能は棚に上げて反省もせず、小池氏や前原氏を猛批判して責任追及、果ては「辞任」を迫る輩も出ているという。

小池・前原に理解を寄せる気はさらさらないが、一抹の同情の念を覚える。まさに「軒を貸して母屋を取られる」の例え通り、旧民進党議員はひたすら責任転嫁と被害者コスプレに徹している。

そしてこれは巨視的に見ればどこか既視感が漂う。

支配層が統治能力を欠き事大主義に走って併合を望み、近隣の強国の中から日本に擦り寄って「日本国民」となり、日本国内で糊口をしのぎながら日本が敗戦の憂き目を見るや手のひら返しで反日行動。そのくせ母国には帰らずに居座り、「被害者コスプレ」を続けて日本社会に澱となっていき続ける。

まさに朝鮮半島人のメンタリティそのものではないか。

今回の選挙、何も変わらないという向きもあるが、無能野党が分散瓦解し、確信犯的な似非リベラルが「立憲民主党」という形で炙り出され、国民にとって政界が分かりやすくなったという意義はある。今後、「半島的なもの」はより嫌悪され忌避されていくだろう。それは日本が正常な国家になる証である。
posted by 三四郎 at 08:04| 千葉 ☔| Comment(2) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。