2017年10月29日

既視情景

総選挙が終わって一週間たつ。安倍自民党が野党・マスゴミ一体となった「モリカケ」のネガキャンにも拘わらず、ほぼ現有勢力を維持したことは想定内ながらまず完勝といっていい。

そんな中、この一週間の野党、とりわけ希望の党における「総括」ほど見苦しく浅ましい見ものはかつて無かった。

小池新党「希望の党」がボロ負けした理由は多々あるだろうが、マスゴミは小池氏の「排除の論理」をその主たる理由に挙げ、小池氏自身も「言葉がきつかったかもしれない」と釈明している。

しかしそれは事態を矮小化して本質から目を逸らしているというものだ。希望の党の失速は「小池発言」や「排除の論理」ではない。政界無能集団の代名詞である民進党の議員が大挙して押し寄せ、新党が彼らの隠れ蓑に成り下がったことを国民は良く理解していたというところではないか。

そもそもある政党に参加、合流する以上、理念が一致し政策に合意できることが大前提だ。政治の世界ばかりではない。事業であれ趣味の世界であれ、人間が徒党を組むときは少なくとも考え方や行動規範などのベクトルが一致していなければならない。

ところがこの当たり前のことが民進党出身者にはわからないらしい。もともと民進党はよく言って「寄り合い所帯」の「選挙互助会」である。「当選すること」「議員であること」が価値の基本にある。だから理念も政策もヘチマもない。従ってまともな政策提言ができず政権批判しかでてこない。

そういう連中が「踏み絵」を踏まされてとはいえ、小池人気にあやかろうと納得づくで希望の党に「希望をもって」合流したはずだ。

ところが結果は周知のとおり惨敗といっていい。

そして自ら勝手に押しかけ合流しておきながら、悪い結果となるや手の平を返し、自らの無能は棚に上げて反省もせず、小池氏や前原氏を猛批判して責任追及、果ては「辞任」を迫る輩も出ているという。

小池・前原に理解を寄せる気はさらさらないが、一抹の同情の念を覚える。まさに「軒を貸して母屋を取られる」の例え通り、旧民進党議員はひたすら責任転嫁と被害者コスプレに徹している。

そしてこれは巨視的に見ればどこか既視感が漂う。

支配層が統治能力を欠き事大主義に走って併合を望み、近隣の強国の中から日本に擦り寄って「日本国民」となり、日本国内で糊口をしのぎながら日本が敗戦の憂き目を見るや手のひら返しで反日行動。そのくせ母国には帰らずに居座り、「被害者コスプレ」を続けて日本社会に澱となっていき続ける。

まさに朝鮮半島人のメンタリティそのものではないか。

今回の選挙、何も変わらないという向きもあるが、無能野党が分散瓦解し、確信犯的な似非リベラルが「立憲民主党」という形で炙り出され、国民にとって政界が分かりやすくなったという意義はある。今後、「半島的なもの」はより嫌悪され忌避されていくだろう。それは日本が正常な国家になる証である。
posted by 三四郎 at 08:04| 千葉 ☔| Comment(2) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

断絶希望

韓国の新しい駐日大使が「日韓関係改善のため」に天皇陛下の訪韓を求めているらしい(@niftyニュース/TBS)

>今月末に着任する韓国の新しい駐日大使がソウルで会見し、「天皇陛下の訪韓が日韓関係の改善に大きく寄与する」と述べました
>「現在、韓日両政府の信頼関係が非常に弱い。だから、相手の立場で考える精神が発揮されれば良いだろう」(李洙勲 新駐日大使)
>今月31日付けで日本に着任する李洙勲新駐日大使(62)は、冷え込んだ関係を抜け出し、歴史問題の解決と未来志向の発展を同時に進めるいわゆる「2トラック」で大使職に臨む考えを示しました。その上で、天皇陛下が退位前に韓国を訪れることが日韓関係の改善に大きく寄与するとして、「環境作りに努める」と表明。文在寅大統領も早い時期に日本を訪れ、日本の国民と直接、対話することが重要と訴えました
>また、日韓の外交問題となっているソウルの日本大使館前にある慰安婦像については、「外国公館を保護する国際的な礼儀を考慮する必要がある」と日本への配慮をにじませています
>ただ、李氏は2日前の韓国メディア向けの会見では、「韓国の国民が、慰安婦合意に納得していないことを日本に伝える」とも話しています
>大学教授出身の李氏は、盧武鉉政権時に東アジア情勢について大統領を補佐した人物で、文在寅政権発足にあたっては外交ブレーンとして北朝鮮との対話を訴えてきました


天皇陛下訪韓など絶対反対、おとといきやがれだ。

日韓関係の悪化は偏に韓国側に責任がある。日本の領土を不法かつ一方的に武力占拠し、捏造の歴史観による反日情報を国内外に拡散、国家間の約束も守らず経済的な支援は要求するという、傲岸不遜な態度に日本国民は辟易し嫌悪している。

まずこうしたことを改め、最低限「慰安婦合意」という国家間の約束事を履行しなければ信頼関係は成り立たない。そういう不信の環境が何一つ改善せぬまま日本の象徴たる天皇陛下をお送りすることは国民感情として許容できない。

韓国にとっての「関係改善」とは専ら日本が一方的に譲歩し「謝罪」することであり、その「証拠」として何らかの「お言葉」を天皇陛下から引き出す狙いだろう。日本国民が最も忌避する「天皇の政治利用」をあからさまに求めている。厚かましいにもほどがある。

「慰安婦像」の件について言えば「配慮をにじます」云々のレベルで語られる問題ではない。明らかに国際ルール違反であり日韓合意違反でもある。可及的速やかに撤去し「納得していない国民」を納得させるのが韓国政府の仕事だ。日本に一切の責任はない。

それらをクリアすることこそ「未来志向の発展」の第一歩である。「2トラック」など要するに「用日」を正当化するための二重基準でしかない。まともな日本人なら騙されることはない。こんな関係が続くならむしろ日韓断絶を希望する。

もう一度言う。おとといきやがれ。
posted by 三四郎 at 08:47| 千葉 ☁| Comment(2) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

殿様商売

昨日に続いて平昌五輪の話題をもう一つ。

時局的な安全面から運営に対する懸念が高まっていることは昨日取り上げたが、それと関連して観戦チケットが販売目標を大きく下回っているという。

そこで主催側としては「カネ持ちの田舎者」として中国人観光客に狙いをつけているらしいのだが、当の中国人からは「高すぎる。そう簡単にはだまされないよ」と見透かされているようだ(@niftyニュース/Record China)

>2017年10月20日、参考消息網は記事「韓国冬季五輪は中国人観客頼み、高過ぎるチケットは中国人をカモ扱いか」を掲載した
>韓国・平昌冬季五輪開幕であと5カ月に迫った。しかし北朝鮮問題を受け、フランスは不参加を示唆。アイスホッケーでは米NFLはプロ選手を派遣しない方針を示している。安全問題の懸念があるためか、チケット販売も不調だ。107万枚のチケットのうち、9月末時点での販売数は30万枚あまり。韓国の地方政府は不人気種目のチケットを購入するなど対策に追われているが、焼け石に水の状況
>チケット販売で頼みの綱となるのが中国人観客だが、あまりにも高価なチケットがネックだ。アイスホッケー決勝のチケットは中国での販売価格は最高で8000元(約13万8000円)に達している。なんとサッカー・ロシアW杯の決勝チケットを上回る価格だ。ホテル価格も五輪期間は通常の倍以上と高騰するもようだ。記事は「韓国は売れなかったチケットを中国でと考えているようだが、中国人もそうたやすくだまされるわけではない」としている


自らの扱う商品の価値を弁えず、マーケティングや営業努力もせずに非常識な値付けを行って失敗することを「殿様商売」というが、韓国がしていることはまさにこれではないか。

仮に北朝鮮問題がなく、軍事的リスクが皆無だったとしても、さほどメジャーでない冬季スポーツを観戦するためだけに13万円余りのカネを叩いてやってくる外国人旅行者がどれだけいると思っているのか。

それもヨーロッパや日本、米国のように自然や文化的価値の高い観光資源がある国なら「ついでに」ということで旅行する金持ちもいるかもしれない。

しかし韓国に世界が魅力を感じるような観光地、観光資源、ホスピタリティがどれだけあるというのか。聞こえてくるのは「ぼったくり」「料理の使いまわし」「性犯罪」とネガティブな話ばかりだ。

実際、5年ほど前に俺が仕事で東京とソウルを行き来していたころは、タクシー一つ取ってさえ、運転マナーや接客、はては料金に至るまで質の悪いドライバーが多くて現地人から注意を促されていた。飲食店も概ね不衛生で、ホテルの他は現地スタッフの懇意にしている店以外ははいれなかった。

五輪を直前に控えてどれだけ変わったのかしれないが、外から見た韓国のブランド認識はその程度のものだ。少しは身の程を弁えた方がいいだろう。
posted by 三四郎 at 08:47| 千葉 ☔| Comment(4) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする