2017年10月15日

神鋼恐慌

政治的な分野を離れてみれば、最近では神鋼のデータ改竄問題が社会的な影響度からみて筆頭のニュースだろう。その範囲は自動車から公共交通、果ては原発など社会インフラにまで広がっているようだ(@niftyニュース/読売新聞)

神戸製鋼所によるアルミ・銅製品などの検査データ改ざん問題が発覚して15日で1週間となる
出荷先は約500社に上り、自動車など国内外の各種メーカーに影響が広がっている。自動車や航空機に乗る一般の顧客の疑念も募るばかりだ
>「規模が不透明で、車種もどこまで広がるか分からない。我々も不安だが、ドライバーはもっと不安だろう」。首都圏の車販売店関係者は14日、困惑した様子で話した
>出荷前の検査でデータを改ざんしていた不正を8日に公表してから、トヨタ自動車などの一部車両や東海道新幹線の車両などで問題の製品が使われていることが判明した。欧州航空機大手エアバスも製品を使用していないかどうか、調査に乗り出すなど、影響は拡大している


出荷記録と正しいデータが残っていればそれを公表すればいいだけの話だが、改竄は10年以上に渡って常態化していたとも言われているから、おそらくそんなものも残っていないのだろう。各製品メーカーやエンドユーザーは疑心暗鬼にならざるを得ない。

まずは何がどこまで改竄されたのか全容解明が急務ではあるが、この一週間の様子を見ていると裾野は広く時間もかかりそうだ。何より組織的な改竄であれば自浄作用も期待できない。早晩、行政・司法的な強制調査に頼らざるを得なくなるだろう。

素材は日本の産業技術力の源泉であり土台でもある。エアバスなど欧州航空大手までもが影響下にあることがそれを物語っており、畢竟日本の素材技術の優秀さと信頼性の証であった。それだけに日本ブランドに与える影響は大きい。

神鋼という企業の風土的なものか、あるいは東芝の不正経理にも通じる日本の大手企業に共通する何か根源的なものがあるのか、早急かつ徹底した検証が求められる。神鋼はもとより日本企業の経営陣は、この事件を世界が注目していると知るべきだ。
posted by 三四郎 at 08:32| 千葉 ☔| Comment(4) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

党籍詐欺

希望の党が結党され、民進党議員の多くがここの推薦を得て衆院選に臨むというのは周知のとおりだが、思ったよりも希望の党への支持が伸びずにいるためか、「選挙後」に民進党出身者が再結集するという話が出ている模様だ(読売電子版)

>民進党参院議員の一部から、衆院選後に予定していた希望の党への合流を見送り、民進党に残ったまま再結集を目指す動きが出ている
>読売新聞社の衆院選序盤情勢調査などで希望の伸び悩みが顕著になったためだ。希望、立憲民主党、無所属、参院に分裂した民進前議員らが選挙後にどのような形で再編していくのか、注目が集まっている
>民進の小川敏夫参院議員会長は12日、国会内で記者団に、「民進には人も全国組織も資金もある。党を再構築し次を目指す形に持っていくべきだ」と述べ、党存続を図る意向を示した
>衆院解散に伴い、民進の前衆院議員は〈1〉希望〈2〉立憲民主〈3〉無所属での立候補――に分裂した。民進には47人の参院議員のほか、党籍を残したまま無所属で立候補した前原代表、野田佳彦前首相、岡田克也・元副総理らがいる状態だ(以下略)


もともと、民進党所属でありながら希望の党から立候補するというのは異形というより非常に分かりづらいのだが、サヨクたちが批判する「排除の論理」で一応「踏み絵」をクリアし、政治信条や政策が概ね一致すると自他ともに認めた上での立候補であったはずだ。

それが「支持率が伸びていないから選挙が終わったら元に戻る」では道理が立つまい。単なる「党名ロンダリング」でしかなかったということだ。やはり民進党出身者は政党を選挙互助会としか見ていないことがよくわかる。

何より質が悪いのは「選挙後に再結集」するということだ。それでは「希望の党」だから投票したという有権者の意向を蔑ろにすることになる。こうなるともはや「詐欺」の域に達している。

自らが生業とする「政治」に対する姿勢としてそれでいいのだろうか。思想信条以前に、人間として大切な「志操」が欠如しているように俺には見える。

そういう無節操な輩を炙り出したことにも今回の解散の意義があると思った。
posted by 三四郎 at 13:19| 千葉 ☔| Comment(2) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

国難野党

衆院選に向け野党各党が「打倒安倍」を前面に押し出し「アベが国難」と囃している。しかしその主張、どれも「おまいう」でしかない(時事電子版)

>◇右か左かではない
立憲民主党・枝野幸男代表(東京・JR新橋駅前で演説) 右か左かという古いイデオロギーの戦いではない。民主主義と立憲主義を前に進める。国民の声を聞かない間違った民主主義ではなくて、草の根からの国民の声に基づく民主主義を立て直す第一歩にする戦いだ
>◇首相の解散判断が国難
民進党・蓮舫前代表(高知市の集会で) 国難突破解散と(安倍晋三)首相は言った。耳を疑った。今の国難、まさに北朝鮮、安全保障。そうであればこそ国会を開いて審議するのがまさに民主主義ではないだろうか。選挙をやっているときにミサイルを撃ち込まれたらどうするのか。首相の判断そのものが国難だと言わざるを得ない
>◇自・希の違いは受動喫煙
共産党・志位和夫委員長(東京・JR新橋駅前で演説) 自民党と希望の党には違いがない。希望は安全保障法制容認、9条含む憲法改定、原発再稼働容認。きのうの討論会で小池百合子代表に「自民党との違いは何ですか」と聞いたら、「受動喫煙の問題です」と。どっちが勝っても日本政治は良くならない。自公と補完勢力に負けるわけにはいかない


「モリカケ」という言いがかりもどきのスキャンダルで国会を空転させ、政権の足を引っ張ることのみに汲々としてきた野党に「国民の声を聴け」だの「今の国難、まさに北朝鮮、安全保障」などという資格はない。

どの野党も「反対のための反対」の域を出ず、現実を見据えた具体的で実効性のある政策提言が全く聞こえてこない。これで自らが政権を執ったら「日本はよくなる」と本気で考えているのだろうか。もはや「反アベ教」という名の宗教である。

まもなく選挙公示を迎える。誰が何を言い、何事を成してきたか、何が日本を混乱させ誰がこの国をどこに導こうとしているのか、国民は括目して備えるときだ。
posted by 三四郎 at 18:34| 千葉 ☀| Comment(2) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする