2017年10月08日

国難野党

衆院選に向け野党各党が「打倒安倍」を前面に押し出し「アベが国難」と囃している。しかしその主張、どれも「おまいう」でしかない(時事電子版)

>◇右か左かではない
立憲民主党・枝野幸男代表(東京・JR新橋駅前で演説) 右か左かという古いイデオロギーの戦いではない。民主主義と立憲主義を前に進める。国民の声を聞かない間違った民主主義ではなくて、草の根からの国民の声に基づく民主主義を立て直す第一歩にする戦いだ
>◇首相の解散判断が国難
民進党・蓮舫前代表(高知市の集会で) 国難突破解散と(安倍晋三)首相は言った。耳を疑った。今の国難、まさに北朝鮮、安全保障。そうであればこそ国会を開いて審議するのがまさに民主主義ではないだろうか。選挙をやっているときにミサイルを撃ち込まれたらどうするのか。首相の判断そのものが国難だと言わざるを得ない
>◇自・希の違いは受動喫煙
共産党・志位和夫委員長(東京・JR新橋駅前で演説) 自民党と希望の党には違いがない。希望は安全保障法制容認、9条含む憲法改定、原発再稼働容認。きのうの討論会で小池百合子代表に「自民党との違いは何ですか」と聞いたら、「受動喫煙の問題です」と。どっちが勝っても日本政治は良くならない。自公と補完勢力に負けるわけにはいかない


「モリカケ」という言いがかりもどきのスキャンダルで国会を空転させ、政権の足を引っ張ることのみに汲々としてきた野党に「国民の声を聴け」だの「今の国難、まさに北朝鮮、安全保障」などという資格はない。

どの野党も「反対のための反対」の域を出ず、現実を見据えた具体的で実効性のある政策提言が全く聞こえてこない。これで自らが政権を執ったら「日本はよくなる」と本気で考えているのだろうか。もはや「反アベ教」という名の宗教である。

まもなく選挙公示を迎える。誰が何を言い、何事を成してきたか、何が日本を混乱させ誰がこの国をどこに導こうとしているのか、国民は括目して備えるときだ。
posted by 三四郎 at 18:34| 千葉 ☀| Comment(2) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

幻惑公約

希望の党の小池代表は衆院選での公約として自らの経済政策を「ユリノミクス」と称しているそうだ(読売電子版)

>希望の党は6日発表の衆院選公約で、小池代表(東京都知事)の名前の「百合子」からとった経済政策「ユリノミクス」を提唱した
>党関係者によると、公約原案では、「コイケノミクス」となっていたが、小池氏は、ソフトな響きがあるとして、「ユリノミクス」への変更を指示したという
>安倍首相の経済政策「アベノミクス」に対抗したもので、通勤ラッシュを緩和する「時差ビズ」のような働き方改革などを掲げる
>また小池氏は6日、衆院選勝利の験担ぎのため、「断酒」をしていることを記者団に明らかにした。先週から始め、22日の投開票日まで続けるという
>小池氏は、自身が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」が大勝した7月の都議選の際も「断酒」していた


「時差ビズ」はかつて自らが広告塔となった「クールビズ」と語呂を合わせて「受け」を狙った臭いが強い。

こんなものを例に挙げるこの記事も大概だが、もっと大きな視点で見れば「消費税増税凍結」を謳う一方で「ベーシックインカム」を掲げているところに、かつての民主党にも通じる耳障りだけ良くて財源無視のバラマキ政策を、性懲りもなく引っ張り出してきたという印象しかない。

で、何を当てにしているかと思いきや、大企業の300兆円にも及ぶ内部留保金に課税し、これを吐き出させることで「経済活性化」の相乗効果を狙う、というもののようだ。

内部留保金を積み上げて成長への投資や従業員、顧客への還元に回さない、委縮した経営姿勢は批判される余地があるが、民間の経済活動の成果は基本的に民間が主体的に活用すべきものだ。そこへの課税強化は企業活動をますます委縮させ、彼らを日本から脱出させることに繋がりはしないか。

そもそも「ベーシックインカム」には貧困層を無くすという名分を付けているが、働いていてもいなくても最低限の収入が保障される社会では必ずこれに頼り、「働けるのに働かない」層が出てくると俺は思う。

貧困化の救済に「セーフティネット」は必要だが、その前提として国民に自立自助を促すことが健全な国家基盤の構築には必須ではないか。

さすが民進党議員が大挙して合流した党だけのことはある。何やらとても苦い既視感を覚える政策だ。「ユリノミクス」という甘美なネーミングに幻惑されることは選挙民として避けたいものだ。
posted by 三四郎 at 09:08| 千葉 ☔| Comment(2) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

口先番長

民進党の前原代表は、よく「口先番長」と揶揄されることがある。

関係者に根回しもせず裏付けもとらず威勢よく理想を語るが、各方面から反発を招くか齟齬をきたして尻すぼみになる。説明を求められた利責任を問われると「そんな意味で言ったわけではない」と逃げを打つ。

今回の選挙における民進党の事実上の解党、希望の党への合流を巡る動きはまさにその見本ではないか。

「候補者全員が希望の公認を得る」ような発言を本人はしているが、希望の小池代表は「選別する」「全員を公認する気はさらさらない」と身も蓋もない。結果、左派・似非リベラルが切り捨てられ排除される雰囲気となっている。民進党は「阿鼻叫喚」の状態で、前原代表への不信感が高まっているという(@niftyニュース/読売)

>小池代表(東京都知事)率いる希望の党から「排除の論理」を突きつけられた民進党
憲法観や安全保障政策で肌合いが異なるリベラル系を中心に入党拒否されるとの観測が浮上し、動揺が広がっている。党内では、希望者全員の合流を約束した前原代表への不信感が高まっており、リベラル系が支持する枝野幸男代表代行に代表をすげ替えるという「解任論」も取りざたされている
>渦中の枝野氏は30日午後、松江市の宍道湖畔でマイクを握り、「前原代表を信じて、新しい箱の中で、我々が積み重ねてきた理念や政策を皆で実現する」と力を込めた。ただ、「色々な心配や思いはある」とも付け加え、揺れる胸中をのぞかせた。今後の身の振り方については、「地元の地方議員に一任いただいた。それ以上のことは何も決めていない」と記者団に語るにとどめた


「残り滓」となった左派・似非リベラル議員たちの今後は失職するか、社民あたりに潜り込むか、分裂し吹溜まりのような「新党」をつくるかの三択だろう。

まあ勝手にやってろという感じだが、こんな張りぼての無責任男か、過激派崩れの似非サヨクしか代表のなり手がいなかったところに民進党の本質が看取される。こういう政党に三年間も政権を預けてしまった選挙民は猛省すべきだろう。
posted by 三四郎 at 10:07| 千葉 ☀| Comment(2) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする