2017年06月17日

ロンドンの深い闇

ロンドンの高層住宅火災は死者が70人に達するという。行方不明者も相当いるようで、火災としては近年稀に見る大惨事である。

ここは公営住宅で住民の多数が低所得者層だというから尚更悲惨だ。TV報道ではアラブ系と思しき市民が多く映っている。そのこともあって、政権に対する風当たりは強いようだ(@niftyニュース/TBS)

>ロンドンで起きた高層住宅火災で、地元メディアは犠牲者は70人以上に達するとの見方を報じました。一方、行政の対応に怒った住民など数百人が地元の役所になだれ込みました
>ロンドンの低所得者向け高層公営住宅で起きた火災では、これまでに30人の死亡が確認されていますが、複数の地元メディアは「犠牲者が70人以上に達する見通しだ」と伝えました
>こうした中、火災が起きた地区の役所に数百人の住民らが押し寄せました
>「正義を、正義を」(住民)
>住民らは以前から求めていた防火対策が施されなかったことや、改修工事で燃えやすい外壁が取り付けられたことが被害の拡大を招いたと抗議の声を上げ、低所得者が見殺しにされたと訴えました
>「多くの犠牲者を出した責任を誰かが負うべきです。これは殺人です」(デモ参加者)
>メイ首相は火災の被害者のためおよそ7億円の支援を行うと約束しましたが、訪れた避難所でやじを浴びる一幕もありました


メイ首相にとっては先の選挙での敗北に続いての「災難」でさしずめ「不幸の女神」にとりつかれたような感じだろう。

TV報道で件の外壁について説明していたが、可燃性の断熱材を耐火性の非常に低いアルミ外装で覆う工法が採用されていたようだ。今時こんな設計、施工など英国のような先進国では考えられない。

況して役所が供給する公営住宅である。当然英国にも建築に関する法律やガイドラインが整備されているわけであり、どこよりもこれらを順守しなければならないはずだ。しかももともと古い建築で、構造や防火設備の面で今日の基準からみれば不足や欠陥だらけだったらしい。

それがこの事故である。公営施設として性能をアップデートする努力を行政が怠ったことは明らかであり、外壁工事について言えばどこかでだれかが意図的に手抜き工事をしたのでは、と考えるのは自然なことだ。

今回の火災はその意味で人災ともいえ、改修工事のプロセス検証の結果次第では行政による低所得者層の切り捨てという醜悪な現実に直面しないとも限らない。

他国のこととはいえ犠牲者、遺族の怒りは想像に難くない。今はご冥福を祈るばかりだ。
posted by 三四郎 at 16:08| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

大概にしとけ

韓国がこれだけ露骨な反日活動を継続していてもなお、「日韓友好」を口にする政治家がいる(@niftyニュース/読売)

>自民党の二階幹事長は10日訪韓し、木浦市の「金大中キムデジュンノーベル平和賞記念館」を視察した
>歓迎式典も開かれ、二階氏は「韓国と日本は一番の友好国であることを互いに後世に伝えていかなければならない」とあいさつ、冷え込んでいる日韓関係の改善に意欲を示した。式典には二階氏と長年交流のある野党「国民の党」の朴智元パクチウォン・前代表も出席し、「不幸な歴史を反省し、消化するよう、今後の両国の友好関係を築くために努力する」と語った


「長年の交流」の過程で利権かハニトラか、何があったのかは知らん。しかし「日韓が一番の友好国」などということは、歴史上この方一度でもあっただろうか。まして今この状況で日本が韓国に言うべき言葉では少なくともない。

歪んだ反日教育を継続し、東京五輪招致では悪質な妨害工作を行い、思い付きで旭日旗に難癖をつけ、「日本海呼称」を執拗に攻撃し、「慰安婦合意」を反故にしようと画策し、竹島を一方的に不法占拠し、窃盗した仏像さえ返還せず・・。

そんな国に言うべき言葉はただ一つ、「大概にしておけ。これ以上日本に甘えるな」ということだけだ。二階がどう思おうと、少なくとも俺はあの国を友好国とは一切思っていない。自民党も「大概にしておけ」。
posted by 三四郎 at 15:53| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

それもいい

マスゴミと無能野党が必死に政局化の道具としている感のある「加計学園騒動」。政府はここにきて「怪文書」の再調査を決めたという(読売電子版)

>学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部の早期開設を「総理の意向」とした内部文書について、政府が再調査に追い込まれた
野党の追及や厳しい世論を受けての方針転換だが、与党内では、後手に回った対応に疑問の声も広がっている
>「徹底した調査を速やかに実施するように
>安倍首相は9日、首相官邸で松野文部科学相にこう指示した。政府は当初、「怪文書みたいな文書」(菅官房長官)と一蹴。文科省は調査で「文書の存在は確認できなかった」と発表し、再調査は「必要ない」(松野氏)と正面から向き合うことを避けてきた
>だが、新たな証言やメールの存在が次々と明らかになり、風向きが変わった。5月25日に前川喜平・前文科次官が記者会見し、「文書は確実に存在していた」と証言。6月2日には民進党が、文科省が内閣府から獣医学部の早期開設を求められた文書を省内で共有したことを示すメールの写しを入手したと発表した


何やら政府が追い込まれたように書いているが本当にそうなのか。確かにこれまで一蹴してきた対応を180度変えたわけだが、そもそも出所不明の誰でも捏造しうる「文書」についていちいち対応していては際限がない。

仮にその文書が実在するとすれば、文科省の誰かが漏洩したことになる。それはそれで役所としても守秘義務違反が問われる。しかも内容はといえば、官邸が文科省に進捗を促す体のもので違法性を感じさせるものはどこにもない。

安倍首相との関連も全てが憶測の域を出ないもので、国会も行政も時間とマンパワーが限られている中、「政局」狙いの怪文書に政府が「正面から向き合うことを避けてきた」のはある意味当然だろう。

が、執拗な反安倍スクラムの前に不信感を増幅させる国民も一定数いるのだろう。であればこの際「徹底した調査を速やかに実施」し、文書の存在だけでなく、その内容や背景について過去政権との関連も含め白日の下に晒すのがよかろう。

誰が本当に困ることになるのか、政権はある確信をもって臨んでいるのではないか。俺としても注視していきたい。
posted by 三四郎 at 17:27| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする