2017年01月22日

トランプ政治の隙

「米国第一」を掲げ保護主義への傾倒を隠さないトランプ氏が第45代アメリカ大統領となった。選挙後のメディア対応や就任演説について内外の「識者」やコメンテーターたちは「選挙キャンペーンそのまま」と批判とも揶揄ともつかない批評を加えているが、俺的には「選挙キャンペーン」を引きずっているというよりは、就任前から「トランプ流」の統治を始めていたように思われる。

ともあれ就任時としては史上最低の支持率で迎えられたトランプ氏、パレードの裏側では「反トランプ」派に混じった「社会主義者」が暴徒化して富裕層御用達の店を破壊するなどしていたらしい(日経電子版)

>ドナルド・トランプ米大統領の就任式に合わせて首都ワシントンに集結した反トランプ派の一部が暴徒化した。人種差別主義者とみなすトランプ氏に抗議しているが、実は一皮むけば資本主義や小さな政府に抗議する「社会主義運動」の側面が強い。だからこそ暴徒化したデモ隊が実際に攻撃したのは白人の富裕層、大企業の店舗、高級車といった貧富の格差を象徴するものばかり。「反トランプ」を隠れみのに格差のはけ口を探している
>就任式があった20日、暴徒化した反トランプデモの参加者がレンガや鉢などをマクドナルドやスターバックスなどの店舗や高級車リンカーンに投げつけ、破壊活動を繰り返した。結果、220人近い逮捕者が出た。店員は「ヤツらはトランプとマクドナルドが嫌いなんだよ」とあきれた顔で語った
>だが、トランプ氏は米大企業への巨額の寄付から距離を置く政治家だ。反トランプと大企業攻撃は本来直結しない。スターバックスにいたってはリベラルな社風で知られる。このデモを招集したのはIGDという反人種差別とともに反資本主義を掲げる団体だ。要は資本主義の象徴として大企業を攻撃しているだけなのだ
>黒装束にマスクのいでたちのデモの参加者は匿名で取材に応じ「破壊した建物は公的な施設。結局、修理も税金で払うことになるから問題ない。現状維持の破壊を象徴する行動だった」と語った。私有財産権への意識が弱く、抗議と無関係の第三者の私有財産を破壊することに対し罪悪感は感じていないようだ
>就任式前夜にも、同じグループがトランプ支持者のイベントが開かれるホワイトハウス近くのビルの前に集結していた。ビルから出てくる裕福そうな身なりの白人に対し見境なしにスプレー缶などを投げつけ、取り囲んで罵声を浴びせた。そこにあるのは単純な持てる者への怒りだけだった
>「わたしたちは注文した食事を受け取りにきただけだったのよ」
>持ち帰りの箱を地面にたたきつけられた婦人はそう吐き捨てた。顔を紅潮させ、泣きそうになりながら足早に立ち去っていった。ただ、こうした富める者への強い拒絶反応は決して反トランプ過激派だけのものではない
>就任式当日の朝7時ごろ、気温セ氏4度の小雨が降る寒空の中、反トランプデモに参加する様々なグループがホワイトハウス近くのユニオン駅前に続々と集まって来た
>「トランプと戦え」「トランプはファシスト」「少数者を弾圧する警察を倒せ」「パレスチナを解放せよ」
打楽器に合わせて拡声器から様々な掛け声が鳴り響く。ひときわ目立つのが「社会主義革命を起こせ」というメッセージだ。「社会主義革命」のプラカードをみながら横を通り過ぎていくトランプ支持者たちは「社会主義者なんているのかよ」と目を丸くしながら見下すような笑いを浮かべている
>「リーマン・ショックが社会主義の復活とサンダース氏の台頭を生んだ。社会主義は中国で洗練され、より高度な段階に入りつつある。労働者の味方のふりをして格差をさらに広げるトランプ政権に異議を唱え続けていくよ」。デモの参加者で、ホーチミン氏を敬愛しているという社会主義者、ジェレミー・バウマン氏(34)は威勢よくこう語った
>デモに参加した主要団体の一つ、米労働者団体ワーカーズ・オルグの活動家トム・アンスウィーニー氏(26)は「黒人のミレニアル層を中心に会員は増えており、2500人に達した。冷戦終結後に退潮した社会主義は確実に復活してきている」と指摘する
中略
>パレードの沿道でトランプ氏を応援する帽子をかぶり、反トランプ派の群衆の中に独り交ざっている様子をネットに実況中継していたテキサス州から来た建設業マット・ディエズ氏(38)は「全く恐怖は感じなかったよ」と涼しい顔で答えた。パレード終了後には、周囲の反トランプ派と雇用や社会保障をめぐりカンカンガクガクの議論をたたかわせていた
>その周囲には次の選挙をにらんだ「サンダース2020」と書かれたカードがいくつも掲げられていた。反トランプ派も就任日に騒いでも無駄だとわかっている。「反トランプ」は様々な勢力を結集する口実にすぎない。関心は大統領選で民主党のバーニー・サンダース上院議員が巻き起こした社会主義ブームをどう継続させるかに移っている
>デモ参加者の集会で米労働者団体、ジャクソンビル・プログレッシブ同盟のコーネル・クルームス氏(26)はラップ調でこう絶叫した。「アメリカよ。労働者が社会の中心に躍り出る時代が来つつあるぜ


ノイジーマイノリティが鳴り物入りで激しいデモをし、社会秩序を破壊しようとする行為はどこぞの「反基地闘争」に通じるものがある。

それはさておき、「反トランプ」のデモの掛け声の中に「パレスチナ」という直接関係のない政治問題を叫ぶ者や警察権力全体を敵視する者が紛れ込んでいるようだ。これもまた「反基地」に絡めて「反原発」「反差別」といった内容の異なる政治的主張をないまぜにして叫ぶどこかのデモ隊に似ている。

こうした運動の背景に何があるのかを新政権は括目して考察すべきだろう。社会主義者の復古運動と括るのは簡単だが、社会主義が「中国で洗練された」という主張の意味するところを軽視すべきではない。

トランプ氏は"poor White" の立場や境遇や感情を代弁する形で大統領になった。少なくとも見かけはそうである。彼らと暴徒化した反トランプ派とは「持たざる者」という共通項を有している。そこに「洗練された社会主義者」を操るものが付け入る隙ができはしないか。真の敵は協調を装いつつ体内に入り込み内部から不協和音を起こさせて侵食していく。

政治・軍事の素人大統領が舵を切るこれからの4年間を象徴するような一日であったと思う。
posted by 三四郎 at 16:10| 千葉 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

フレフレアパ

アパホテルの常備する書籍が中国人の逆鱗に触れて騒ぎになっているようだ(@iftyニュース/デイリーニュースオンライン)

>「中国共産党は『日本軍が南京で30万人を虐殺した』と主張しているが、当時の南京市の人口は20万人。30万人が虐殺されたのに、1ヵ月後には人口が25万人に増えている。あり得ないことだ。英国人ジャーナリストも『事実ではない。中国国民党のプロパガンダだ』と著書などに記している」
>こう語った(注2)のは、ホテル経営などで知られるアパグループの元谷外志雄代表(73)。あの帽子ルックで有名な元谷芙美子(69)・アパホテル社長の夫で、グループの総帥。いま渦中の人物である
>ことの発端は米国人と中国人を名乗る二人連れが、東京のアパホテル客室に置いてあったという書籍『本当の日本の歴史 理論近現代史学U』が、南京大虐殺の存在や従軍慰安婦の<強制連行>を否定していると指摘する動画を中国のSNS<微博(ウェイボー)>に投稿。3日間で一億回近く再生され、とてつもない炎上状態に陥ったのだ。……日本語と英語で書かれた問題の本の著者は藤誠志。元谷代表のペンネームである
>中国外務省の副報道局長が「日本の一部勢力が歴史を否定・歪曲しようとしている」と表明したことで、騒動は外交問題にまで発展しつつある。しかしアパグループの見解は、定説に囚われずに数多くの資料を解析した結果だとして、
>「本書籍は特定の国や国民を批判することを目的としたものではなく、(略)異なる立場から批判されたことを以って、客室(注3)から撤去することは考えておりません。日本には言論の自由が保証されており、一方的な圧力によって主張を撤回するようなことは許されてはならないと考えます。(略)事実に基づいて本書籍の誤りをご指摘いただけるのであれば、参考にさせていただきたい
と返答。冒頭の発言のごとく、元谷代表のもと一歩も退かない姿勢
一代でアパグループを築き上げた元谷代表は政治や軍事に一家言あり、これまでも数々の発信を続けてきた。航空幕僚長在任中の田母神俊雄氏(68)が最優秀賞を受賞(注4)した<真の近現代史観>懸賞論文を主催し、いまも日本を苦しめる従軍慰安婦問題を捏造した『朝日新聞』に対しても、
>「読者を欺き、日本と日本人を貶めた。(略)これだけ国家にダメージを与えて、何の謝罪もせず、誰も罰を受けず、そのまま新聞を発行するなど非常識
と断罪。朝日への広告出稿を止めた筋金入りの硬骨漢として知られる。まあ見た目は相当、コワモテだが
>従軍慰安婦<強制連行>のように完全に虚偽だと明らかなもの以外は、まだ検証や議論が必要な問題もある。しかし大手マスコミは、議論どころか対韓国・中国となると途端に弱腰になり媚びを売り始める。これにウンザリしていた国民が、堂々たる正論で対峙した元谷代表に喝采を送ったという構図だ。いまアパグループには、何万件も激励が殺到しているという
>──とはいえアパホテルもビジネス。ホテル業界が中国人需要頼みの中、悪影響は無いのだろうか?
>「確かに近年の日本のホテル業界の好況は、中国人観光客の増大が大きな要因。ところがアパホテルの中国人比率は5%程度。中国の大手旅行予約サイトが騒動の報復措置としてアパホテルの扱いを停止してきたとはいえ、まだそこまでのダメージは無いはず」(経済誌記者)
>日本国内からは「アパホテルに泊まろう」という応援の呼びかけも出てきた。言論の自由を守るには、経済的な自立が必要ということか
>逆に世界2位の経済大国になったと自負している国には、怪しい論拠(注5)で被害者ビジネスを続けるみっともなさに、気付いてもらいたい


俺もアパホテルは出張でよく使う。このごろ少し高くなった印象だが、もともとリーズナブルで快適なビジネスホテルとして重宝していた。件の本も当然目にしているし拾い読み程度はしている。

そもそも「南京事件」そのものが当時の国民党のプロパガンダであり、それを本来政敵の中共がちゃっかり引き継いで反日の道具として利用しているというのが俺の考えだ。

したがって今回の騒動で中共政府までが過敏に反応しているのは、偏にこの「事件」が科学的検証に耐えない捏造によるプロパガンダであることの証左であり、真実が広く周知されることを恐れているに過ぎないと思う。

今回の余波で、中国人に宿泊施設としてアパホテルを斡旋しているスポーツ組織や北海道知事が、「外国人に不快の念を起こさせないよう」などと的外れの間接的圧力ともとれる発言をしているが、言論の自由が保障された日本にあって、民間企業が自社の施設においてどういう主張を込めた出版物を置こうと置くまいと勝手であろう。いやならそのホテルをキャンセルすればいいだけの話だ。

むしろきちんと検証の上であればまだしも、具体的な根拠も示さず「こんな本がある」というだけで一企業を批判し貶めた「米国人と中国人を名乗る二人連れ」の行為こそ、偽計業務妨害として告発し損害賠償を請求されても仕方がないのではないか。

それにしても思うのは、中国・中国人に経済を依存することの危うさである。「言論の自由を守るには、経済的な自立が必要」とは実に的を射た指摘で、日本の言論人・企業人はよく嚙み締めるべきであろう。
posted by 三四郎 at 16:10| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

秀逸な喩え

韓国の「慰安婦教の本尊像」増設と一連の日韓官民の反応について、なかなか秀逸な記事を見つけたので紹介(@niftyニュース/デイリーニュースオンライン)

>よくある「万引きGメンに密着」といったドキュメント番組。捕まった万引き犯の言いワケにもいろいろあって興味深いが、最もみっともないのは
「(盗んだ)商品の代金を払うよ。それでいい(罪に問われない)だろう!」
 というタイプ
レジを通さずに商品を店外に持ち出した時点で、万引きは成立。商品代金を支払ったところでチャラになるものではない
韓国の野党<共に民主党>のウ・サンホ院内代表は、釜山の慰安婦像(注1)設置に対する日本側の対抗措置(注2)に激怒。2015年末の日韓合意によって日本が支払済みの10億円を、
韓国国民が屈辱を感じる資金。(略)日本へ返してしまえ!」
 と発言したのだ
>言うまでもなく日本側は、「国家間で正式に合意した事項を履行せよ」と求めているだけ。10億円を戻そうと戻すまいと、合意事項が破棄されることは無い
>日本からの思わぬ反撃(注3)を受けて以来、韓国は明らかに動揺。支離滅裂な珍発言が、連日メディアに踊っている
>「韓国政府に言うな。日本は(慰安婦像を設置した)市民団体と話し合え」
「(日本などの)やっかいな隣国と生きて行くには、(略)堂々と」
「歴史と外交を結びつける日本の攻勢は危険だ」
>前述の10億円発言も含めて、まさに<おまいう>(お前が言うな)であり、自らを省みる冷静さも、自国の統治能力も、まともな国際感覚もお持ちで無いように見受けられる。そして、そう思っているのは日本だけではない
(中略)
>「韓国内には、<まず日本との関係改善のために譲歩すべき>という考えの人もいます。しかし次期大統領選を睨んで、大衆迎合的な極論を言う政治家や市民団体の暗躍が勝ってしまう。国際的な立場や常識を守るより、党派間の争いの方を重要視してしまうのが、悪しき伝統です」


俺から多言を要することもない。まさに「万引き犯人の開き直り」ともとれる科白を、韓国では公党の影響力ある人物が平然と言い放ち、国民が喝采し、誰も彼もますます周りが見えなくなって混迷の度を深めていくのである。

「日本との関係改善のために譲歩すべき」? そんなものはいらない。国家間の約束事をきちんと守るということに尽きる。それを「譲歩」と捉える感覚、認識が韓国の異質さ異様さであることに気が付いていない。

あの国はもうダメだろう。
posted by 三四郎 at 10:36| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする